+

天理大学硬式野球部

TENRI UNIVERSITY BASEBALL CLUB 
トピックス  試合結果 月間スケジュール   部員紹介 野球部紹介   OB会
公式戦結果                                  te      オープン戦結果
                            HOME
2018年4月16日(月)
2018年度 春季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
天理大学
大阪産業大学
 
 次回の試合は、4月21日(土)14:50より、南港中央野球場にて、第3節 第1回戦 対関西国際大学を予定しております。
 引き続き天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。

天理大)森浦(9)ー石原貴規
大産大)當麻(9)ー井内

二塁打)田中秀政、石原貴規(天理大)


2018年4月14日(土)
2018年度 春季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
大阪産業大学 11
天理大学 ×
 
 次回の試合は、4月16日(月)14:50より、大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲ベースボールスタジアム)にて、第2節 第2回戦 対大阪産業大学を予定しております。
 引き続き天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。

天理大)八木玲於(8)、桜木(1)ー石原貴規
大産大)安達ー井内

三塁打)北川(天理大)
二塁打)権代、加藤、田中秀政(天理大)、松川(大産大)


2018年4月8日(日)
2018年度 春季リーグ戦 第1節 第1回戦 対 甲南大学
TEAM TOTAL H
天理大学 11
甲南大学
 
 次回の試合は、4月14日(土)9:30より、大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲ベースボールスタジアム)にて、第2節 第1回戦 対大阪産業大学を予定しております。
 引き続き天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。

天理大)八木玲於(9)ー石原貴規
甲南大)岩井(5)、小嶋(3)、田家(1)ー小畠、西峰

本塁打)田中秀政A(天理大)
二塁打)権代、大石A(天理大)


2018年4月7日(土)
2018年度 春季リーグ戦 第1節 第1回戦 対 甲南大学
TEAM TOTAL H
甲南大学
天理大学 × 13 14
 

天理大)森浦(8)、松井(1)ー石原貴規、安岡
甲南大)小嶋(2、0/3)、北畑(4)、菅原(0/3)、中村(1)、田家(1)ー小畠、西峰

三塁打)鈴木、森(甲南大)
二塁打)加藤、早田、谷村、北川、栗原(天理大)


2017年11月19日(日)
奈良県知事杯 第21回大学・社会人野球大会 準々決勝 対 近畿大学
TEAM TOTAL H
天理大学
近畿大学 ×

 


2017年11月18日(土)
奈良県知事杯 第21回大学・社会人野球大会 準々決勝 対 近畿大学
TEAM TOTAL H

 本日は悪天候のため、中止となりました。
 明日、11月19日(日)10:00より、天理大学白川野球場にて、対 近畿大学を予定しております。


2017年11月11日(土)
奈良県知事杯 第21回大学・社会人野球大会 2回戦 対 奈良フレンドBC
TEAM TOTAL H
天理大学
奈良フレンドBC

 次回の試合は、11月18日(土)10:00より、佐藤薬品スタジアムにて 対 近畿大学を予定しております。
 

2017年11月3日(金)
奈良県知事杯 第21回大学・社会人野球大会 1回戦 対 GSG斑鳩
TEAM TOTAL H
GSG斑鳩
天理大学 10 × 24

 次回の試合は、11月11日(土)10:00より、橿原市運動公園野球場にて 対 奈良フレンドBCを予定しております。
 
大会規定により7回コールド

2017年10月31日(火)
第15回大阪市長杯争奪 関西地区大学野球選手権大会
兼 第48回明治神宮野球大会関西地区第1代表・第2代表決定戦 対 大阪商業大学
TEAM TOTAL H
天理大学



大阪市立大学
3×

 
 
天理大)桜木(5)、八木(3、0/3)、森浦(2/3)ー石原貴規
大市大)岡野(7)、塘本(2)ー土井、板野

二塁打)福永(大市大)

2017年10月30日(月)
第15回大阪市長杯争奪 関西地区大学野球選手権大会
兼 第48回明治神宮野球大会関西地区第1代表・第2代表決定戦 対 大阪商業大学
TEAM TOTAL H
大阪商業大学
天理大学

 明日の試合は、10:00より 南港中央野球場にて 対 大阪市立大学を予定しております。
 
天理大)八木(5)、中川(3)、菊地(1)ー石原貴規
大商大)大西(9)ー太田

本塁打)滝野(大商大)

2017年10月28日(土)
第15回大阪市長杯争奪 関西地区大学野球選手権大会
兼 第48回明治神宮野球大会関西地区第1代表・第2代表決定戦 対 大阪市立大学
TEAM TOTAL H
大阪市立大学
11
天理大学 ×
16

 明日は、悪天候が予想されるため、中止となりました。
 次回の試合は、10月30日(月) 13:00より 南港中央野球場にて 対 大阪商業大学を予定しております。
 
天理大)森浦(4)、桜木(5)ー石原貴規
大市大)玉井(5)、和田(2/3)、岡野(1、1/3)、塘本(1)ー土井

本塁打)早田(天理大)
三塁打)町田A、河村(大市大)
二塁打)河村、北野(大市大)、石原貴規B、田中秀政(天理大学)


2017年10月17日(火)
2017年度 秋季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
天理大学
関西国際大学

 本日、優勝が決定し、10月28日(土)から南港中央野球場で開催されます、第15回大阪市長杯争奪関西地区大学野球選手権大会 兼第48回明治神宮野球大会関西地区第1代表・第2代表決定戦への出場が決まりました。
 引き続き天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。

 
 
天理大)八木(8、1/3)、森浦(2/3)ー石原貴規
関国大)澁谷(5)、門野(1)、黒岩(1)、森国(2/3)、谷口(1/3)、石田(1)ー飛永、藤井静

本塁打)岩崎孟(関国大)
三塁打)田中秀政(天理大)
二塁打)宇佐美(関国大)、早田(天理大)

2017年10月16日(月)
2017年度 秋季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
天理大学
関西国際大学

 本日予定されていた試合は悪天候のため、中止となりました。
 
 






2017年10月15日(日)
2017年度 秋季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
天理大学
関西国際大学

 本日予定されていた試合は悪天候のため、中止となりました。
 
 






2017年10月14日(土)
2017年度 秋季リーグ戦 第7節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
関西国際大学
天理大学
×
11

 明日の試合は、12:40より南港中央野球場にて、第7節 第2回戦 対 関西国際大学を予定しております。
天理大)森浦(9)ー石原貴規
関国大)池田(3)、森国(4)、末野(1/3)、石田(2/3)ー飛永

本塁打)加藤(天理大)
三塁打)敷名、北川(天理大)
二塁打)平野(関国大)、田中秀政(天理大)


2017年10月5日(木)
2017年度 秋季リーグ戦 第5節 第3回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
大阪産業大学 0 0 0 1 1 0 1 0 8 11
天理大学 0 0 0 0 0 0 1 0 3 4 8

 次回の試合は、10月14日(土)10:00より南港中央野球場にて、第7節 第1回戦 対 関西国際大学を予定しております。
天理大)森浦(4、2/3)、桜木(2/3)、八木(2、2/3)、松原(1)ー石原貴規
大産大)安達(9)ー井内

三塁打)山腰(大産大)、牧野、北川(天理大)
二塁打)増田、松川A(大産大)、加藤(天理大)


2017年10月4日(水)
2017年度 秋季リーグ戦 第5節 第2回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
大阪産業大学
天理大学

 明日の試合は、10月5日(木)10:00より南港中央野球場にて、第5節 第3回戦 対 大阪産業大学を予定しております。
天理大)中川(1/3)、八木(6)、桜木(2、2/3)ー石原貴規
大産大)西川亮(7)、安達(2)ー平松、井内

二塁打)都甲A(大産大)、北川、加藤(天理大)


2017年10月3日(火)
2017年度 秋季リーグ戦 第5節 第1回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
天理大学
大阪産業大学
 
 明日の試合は、10月4日(水)10:00より南港中央野球場にて、第5節 第2回戦 対 大阪産業大学を予定しております。


天理大)森浦(9)ー石原貴規
大産大)安達(8、1/3)、坂本龍聖(2/3)ー井内、平松

三塁打)早田(天理大)
二塁打)早田(天理大)、磨(大産大)


2017年10月2日(月)
2017年度 秋季リーグ戦 第5節 第1回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
大阪産業大学
天理大学

 本日予定されていた試合は悪天候のため、中止となりました。
 
 明日の試合は、12:40より南港中央野球場にて、第5節 第1回戦 対 大阪産業大学を予定しております。







2017年9月24日(日)
2017年度 秋季リーグ戦 第4節 第2回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
天理大学 14
大阪体育大学
11
 
 次回の試合は、10月2日(月)10:00より万博記念公園野球場にて、第5節 第1回戦 対 大阪産業大学を予定しております。
 引き続き、天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。
 
天理大)八木(4、1/3)、中川(2、2/3)、桜木(2)ー石原貴規
大体大)勝田(6、2/3)、田中雅之(1)、中川優(2/3)、野路(2/3)ー出雲

本塁打)谷(大体大)
二塁打)山本、田中秀政A(天理大)、駒方、出雲(大体大)


2017年9月23日(土)
2017年度 秋季リーグ戦 第4節 第1回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
大阪体育大学
天理大学

×

 明日の試合は、12:40より万博記念公園野球場にて、第4節 第2回戦 対 大阪体育大学を予定しております。
天理大)森浦(9)ー石原貴規
大体大)門前(7、2/3)、田中雅之(1/3)ー出雲

本塁打)山本(天理大)内藤(大体大)
三塁打)堅田(大体大)
二塁打)出雲(大体大)


2017年9月10日(日)
2017年度 秋季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 関西外国語大学
TEAM TOTAL H
天理大学 13
関西外国語大学

 本日の試合は1回表から試合が動いた。先頭の1番鹿角(国際・1回)が死球で出塁すると、荻野(体育・3回)の二塁打、田中秀政(国際・3回)の安打、相手のエラーで一挙3点を奪う。3回表には、2アウトランナーなしから、5番の加藤(体育・3回)が、三塁打を放ち、6番今村(体育・3回)が安打で続き1点を挙げ、4−0とする。
 後半の天理大学は、6回表、代打尾崎(体育・3回)の安打から打線がつながり、さらに1点を加え、5−0とする。
 しかし、8回裏、関西外国語大学も、四球に長打、単打を絡ませ、2点を挙げ5−2と、3点差まで詰め寄られる。9回裏も、ランナーを背負ったものの、リリーフ八木(国際・2回)が、最終バッターを打ち取り、そのままゲームセットを迎えた。
 先発の中川(体育・4回)は、今季初勝利を挙げた。
 
 第2節も2連勝で終え、2つ目の勝ち点を挙げることが出来ました。次回の試合は、9月23日(土)10:00より万博記念公園野球場にて、第4節 第1回戦 対 大阪体育大学を予定しております。
 引き続き、天理大学硬式野球部の応援、宜しくお願い致します。
天理大)中川(5、2/3)、八木(3、1/3)ー石原貴規
関外大)高野(5、2/3)、藤岡(3,1/3)ー中村

三塁打)加藤(天理大)
二塁打)荻野、石原貴(天理大)、古川、上野(関外大)


2017年9月9日(土)
2017年度 秋季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 関西外国語大学
TEAM TOTAL H
関西外国語大学
天理大学 × 10

 本日の天理大学は、2回裏に打線が爆発。5番加藤(体育・3回)の二塁打を含む4安打で、3点を奪う。更に6回裏、先頭打者の主将荻野(体育・3回)が二塁打で出塁する。4番の田中秀政(国際・3回)が左前安打で繋ぎ、0アウト1、3塁のチャンスを作ると、5番の加藤(体育・3回)の犠牲フライで1点を追加、4−0とし、そのままゲームセットを迎えた。
 投げては、先発の森浦が、関西外国語大学を2安打に封じ込め、今季2勝目をマークした。

 なお、明日の試合は、14:50より南港中央野球場にて、第2節 第2回戦 対 関西外国語大学を予定しております。
天理大)森浦(9)ー石原貴規
関外大)田村(6)、藤岡(2)ー中村

二塁打)荻野A、加藤、山本(天理大)


2017年9月3日(日)
2017年度 秋季リーグ戦 第1節 第2回戦 対 甲南大学
TEAM TOTAL H
天理大学 13
甲南大学
 
 2回戦となる本日の試合。昨日と同様、天理大学が3回に2点を挙げ先制する。天理大学は6回表に、代打早田(人間・2回)の本塁打を含む、打者8人の猛攻で一挙5点を追加、7−0とする。7回裏に1点を失うが、8回表、更に2点を追加し、9−1と試合を決定づけた。
 投げては先発の八木(国際・2回)が7回4安打1失点の好投。嬉しい公式戦初勝利を挙げた。

 天理大学は第1節を2連勝で終え、勝ち点1。好発進することが出来た。

 次回の試合は、9月9日(土)9:30より南港中央野球場にて、第2節 第1回戦 対 関西外国語大学を予定しております。
 次回も引き続き、応援宜しくお願い致します。
天理大)八木(7)、中川(1)、桜木(1)ー石原貴規
甲南大)佐橋(5、1/3)、岩井(1、2/3)、中村(1/3)、宗實(2/3)、長島(1)ー小畠

本塁打)早田(天理大)
二塁打)牧野、早田(天理大)、岡崎A(甲南大)


2017年9月2日(土)
2017年度 秋季リーグ戦 第1節 第1回戦 対 甲南大学
TEAM TOTAL H
甲南大学
天理大学 ×

 2017年度秋季リーグ戦、開幕戦となった、天理大学 対 甲南大学。天理大学は、4回の裏、田中秀政(国際・3回)の適時打で、先制すると、7回の裏、山本の2ランホームランで追加点を挙げ、3−0とする。
 9回の表、甲南大は、追い上げを見せるが、牧野(体育・4回)のファインプレーに阻まれ、ゲームセットを迎えた。
 投げては1回生森浦が完投し、1勝を挙げた。

 なお、明日の試合は、12:40より万博記念公園野球場にて、第1節 第2回戦 対 甲南大学を予定しております。
天理大)森浦(9)ー石原貴規
甲南大)金田(8)ー小畠

本塁打)山本(天理大)



2017年6月8日(木) 
第66回全日本大学野球選手権大会 準々決勝 対 立教大学
TEAM
立教大学
天理大学
TEAM 10 TOTAL H
立教大学 9
天理大学 11

天理大)中川(7、1/3)、森浦(2、2/3)ー石原貴規
立教大)手塚(3、2/3)、中川(6)ー藤野

2017年6月7日(水) 
第66回全日本大学野球選手権大会 2回戦 対 大阪商業大学
TEAM TOTAL H
天理大学
大阪商業大学

天理大)森浦(9)ー石原貴規
大商大)尾田(2、2/3)、吉川(2、2/3)、橋本(3、2/3)ー太田

2017年6月6日(火) 
第66回全日本大学野球選手権大会 1回戦 対 東海大九州キャンパス
TEAM TOTAL H
天理大学 12
東海大九州

天理大)中川(6、2/3)、桜木(2、1/3)ー石原貴規
東海大)牛丸(2、1/3)、國廣(2)、亀川(1)、小川(3、2/3)ー伴

2017年5月21日(日) 
2017年度 春季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
大阪体育大学 2
0 0 0 0 0 1 0 3 6 12
天理大学 3 0 0 0 0 0 0 2 0 5 7
 
 
天理大)中川(6、2/3)、八木(1、1/3)、松原(2/3)、菊地(1/3)ー石原貴規、梅谷
大体大)勝田(6)、小野竜(1)、遠藤(2/3)、山本(1、1/3)ー出雲、北川

三塁打)大石(天理大)
二塁打)小窪、藤田2、中川広、原(大体大)、今村(天理大)


2017年5月20日(土) 
2017年度 春季リーグ戦 第7節 第1回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
天理大学
大阪体育大学 ×
 
 
 明日の試合は、12:40〜南港中央野球場にて、第7節、第2回戦、対 大阪体育大学を予定しています。
天理大)石原敬(7)、八木(1)ー梅谷
大体大)門前(6)、小川(3)ー出雲

二塁打)青木(大体大)


2017年5月17日(水) 
2017年度 春季リーグ戦 第6節 第4回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
天理大学
12
関西国際大学
 
 優勝決定戦となった今日。1回の裏4番西川(丸亀城西)の犠飛で関西国際大学が先制する。しかし天理大学も、2回表、先頭の5番加藤(体育・3回)が右中間安打で出塁すると、続く6番荻野(体育・3回)がきっちり送りバントを決める。相手の失策と四球で1アウト満塁とすると、9番石原貴規(体育・2回)が四球を選び、押し出しで1点を返す。ここからは、ランナーを出すが得点に結びつけられず、お互い我慢の時間が続いた。8回表天理大学の攻撃、ついに均衡が破られる。先頭2番牧野(体育・4回)が四球で出塁すると、3番山本(体育・4回)が送りバントを決め1アウト2塁とする。4番田中秀政(体育・3回)もヒットで繋ぎ、1アウト1、3塁とする。続く5番加藤が左前適時打を放ち、遂に天理大学は逆転に成功する。この回終わってみれば、打者12人7安打7得点の猛攻。8−1と大きく関西国際大学を突き放し、優勝に大きく近づいた。更に9回表にも、8番中村(国際・4回)の犠飛で1点を追加し、9−1でゲームセットを迎え、天理大学は3季ぶり16回目のリーグ制覇を果たした。
 投げては先発1回生の森浦(体育・1回)が9回146球を投げ、相手打線を4安打1失点に抑える力投を見せ、チームの優勝に貢献した。

 最終節を残して優勝が決定致しましたが、残りの試合も勝ちに、こだわりたいと思っております。
 次回の試合は、5/20(土)10:00〜南港中央野球場にて、第7節第1回戦 対 大阪体育大学を予定しております。

 皆様の声援もあり、4戦目までもつれ込んだ、6節目に勝ち点をつけることができ、優勝することが出来ました。天理大学は、6/5(月)〜6/11(日)に開催されます、第66回全日本大学野球選手権大会に出場します。東京で、『天理旋風』を巻き起こします!!!!
 
天理大)森浦(9)ー石原貴規
関国大)黒岩(7、3/1)、石田(1/3)、高田(0/3)森国(1、3/1)ー藤井静

三塁打)西山浩基(天理大)
二塁打)西川(関国大)、中村、山本(天理大)


2017年5月16日(火) 
2017年度 春季リーグ戦 第6節 第3回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
関西国際大学 12
天理大学 × 11 12

 本日の試合、負けが決まると優勝がなくなる天理大学(1敗1分け)。方や、勝利すると選手権大会への切符を手にすることが出来る関西国際大学(1勝1分け)の一戦。
 1回戦、2回戦の投手戦とは逆に、本日は両校共に12安打という、打撃戦となった。
 1回から試合は動く。1番西山浩基(体育・4回)の内野安打と、四球で2アウト1・2塁のチャンスを作ると、5番荻野(体育・3回)の当たりが右中間適時打となり、天理大学が今節初めての先制点を奪う。
 投げては先発の桜木(体育・2回)が、ランナーを背負いながらも、関西国際大学打線を3回無失点に抑えていたが、4回の表、関西国際大学の攻撃、2本のヒットと2つの四死球で1点を挙げ、試合を振り出しに戻される。しかし天理大学は、4回の裏、この回からマウンドに上がった、関西国際大学の前田(京都外大西)が3つの四死球を出し、そこに加藤(体育・3回)の適時打を絡め、3−1とし、関西国際大学を突き放す。関西国際大学も5回表にすぐに1点を加え、1点差とするが、天理大学も5回の裏、手を緩めず、相手の失策や四球に漬け込み、そこに犠飛や安打を加え3点を挙げる。前半戦は6−2と、天理大学がリードした。
 しかし7回表関西国際大学打線の逆襲が始まる。2本のヒットと3つの四球で3点を入れ、6−5またも、1点差にまで詰め寄られるが、今日の天理大学の勢いは止まらなかった。その裏の攻撃で、3点を奪い返し、更に8回裏にもダメ押しの2点を加え試合を決定づけた。9回表に1点を返されたが、11−6と、本日の試合は、天理大学が白星を挙げた。

 これで、両チームとも1勝1敗1分け。明日が優勝決定戦となります。
 本日の試合は、11‐6と自慢の打力を発揮できました。明日の試合、何としても全員で勝ちでに行きます。

 明日の試合は、12:00〜万博記念公園野球場にて、第6節、第4回戦、対 関西国際大学を予定しています。
 
天理大)桜木(4、1/3)、中川(2)、石原敬(2、2/3)ー石原貴規
関国大)門野(3)、前田(1、1/3)、森國(1、1/3)高田(1)、池田(1、1/3)ー藤井静、正木

三塁打)藤原朋(関国大)、加藤、荻野(天理大)
二塁打)藤原朋(関国大)、西山浩(天理大)



2017年5月15日(月) 
2017年度 春季リーグ戦 第6節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM
関西国際大学
天理大学
TEAM 10 11 TOTAL H
関西国際大学 10
天理大学

 この試合何としてもも勝って3戦目に繋げたい天理大学だったが、2回表関西国際大学この回先頭の宮下(健大高崎)が塁に出ると、四球や失策が絡み先制を許してしまう。その裏天理大学の攻撃、先頭の山本(体育・4回)が四球で出塁すると、続く加藤(体育・3回)北川(体育・1回)中村(国際・4回)の三者連続安打により、すぐさま試合を振り出しに戻す。天理大学はルーキー森浦(体育・1回)が11回を一人で投げ切る力投をみせたが、幾度となく作ったチャンスにあと一本が出ず、引き分け再試合となった。

 なお、明日の試合は 12:00より南港中央野球場にて、第6節 第3回戦 対 関西国際大学を予定しております。




天理大)森浦(11)ー石原貴規
関国大)石田(5、1/3)、前田(0/3)浪本裕(5)、黒岩(2/3)ー藤井静

二塁打)西山浩(天理大)

2017年5月14日(日) 
2017年度 春季リーグ戦 第6節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
天理大学
関西国際大学 ×

 勝ち点を挙げた方が、東京行きへの切符を手にする今節。
天理大学は、第一戦の大切なマウンドをエース中川(体育・4回)に託す。対する関西国際大学の先発投手は、1回生エース武次(西脇工)。序盤は両エースの投げ合いとなった。5回裏関西国際大学の攻撃。ノーアウト、2・3塁のチャンスを作ると、1番山口晟(市立和歌山)のスクイズで、先制点を挙げ、遂に試合を動かす。関西国際大学は、6回にも8番藤井静(丸亀城西)の適時打で1点を加え、2−0とする。このまま終われない天理大学は、7回表、1アウトから、代打1回生田中梅里(国際・1回)のフェンス直撃の二塁打で好機を作る。続くバッターがセカンドゴロに倒れるも、その間にランナーが進塁し、2アウト3塁とする。ここで1番キャプテンの牧野(体育・4回)に打順が回る。頼りになるキャプテンの一振りが、センター前ヒットとなり、2−1。1点差に攻寄る。しかし、ここから天理大学は、好機を作るものの、あと一本が出ず、最後の最後まで相手ピッチャーを苦しめたが、2−1のままゲームセットを迎えた。
 最初に王手をかけたのは、関西国際大学だった。
 しかし、我々天理大学は、「一手一つ」となり、スタンド、ベンチが一体となって最後まで諦めずに明日の試合にも臨みますので、皆様応援の方をどうぞ宜しくお願い致します。

 なお、明日の試合は 10:00より同じく万博記念公園野球場にて、第6節 第2回戦 対 関西国際大学を予定しております。


天理大)中川(6)、桜木(2)ー石原貴規
関国大)武次(8)、黒岩(1)ー藤井静

二塁打)池島(関国大)、田中梅里(天理大)

2017年5月13日(土) 
2017年度 春季リーグ戦 第6節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM TOTAL H
関西国際大学
天理大学

  明日の試合は 12:40より同じく万博記念公園野球場にて、第6節 第1回戦 対 関西国際大学を予定しております。





2017年5月1日(月) 
2017年度 春季リーグ戦 第4節 第2回戦 対 関西外国語大学
TEAM TOTAL H
関外大学
天理大学 ×

 関西外国語大学は3回、四球と内野安打で無死満塁のチャンスを作る。田中宏明(智辯和歌山)の犠打で、2回戦は関西外国語大学が先制点を挙げた。天理大学はランナーを出すものの、あと一本が出ない我慢の時間が続いた。次に試合が動いたのは7回。先頭の7番中村(国際・4回)が四球で出塁すると代打敷名(体育・2回)のバントで1アウト2塁のチャンスを作るが、続くバッター石原貴規(体育・2回)がショートゴロに倒れ、2アウト2塁となり、1番キャプテン牧野(体育・4回)に打席が回る。田村が投じた4球目、牧野が放った打球がショートの頭上を越え、適時2塁打となり、試合を振り出しに戻す。更に天理大学は8回、相手のエラーと、犠打で2アウト2塁のチャンスを作と、6番好調の1回生北川(体育・1回)が、皆の期待に応える適時3塁打を放ち、2−1と遂に逆転に成功し、ゲームセットを迎え今節も勝ち点を挙げた。
 
 第4節目を終え、3つ目の勝ち点を挙げることが出来ました。
次回の試合は 10:00より万博記念公園野球場にて、第6節第1回戦 対 関西国際大学を予定しております。

 
天理大)中川(9)ー石原貴規
関外大)田村(7、2/3)、藤岡(1/3)ー中村

三塁打)北川(天理大)



2017年4月30日(日) 
2017年度 春季リーグ戦 第4節 第1回戦 対 関西外国語大学
TEAM TOTAL H
天理大学 10 12
関西外国語大学

 本日は、内野安打を含む12安打と自慢の打線が爆発した。1回表四球と安打でチャンスを作ると、5番山本(体育・4回)の犠牲フライで先制。更に、期待の1回生北川(体育・1回)の内野安打とエラーの間に2点を追加。初回から3点を挙げる。2回も天理大学の勢いは止まらなかった。4安打と、2四死球で、7−0とし、序盤から関西外国語大学を大きく突き放す。4回には、4番田中秀政(国際・3回)のライト前適時打と、7番DH中村(国際・4回)のレフトへのタイムリーヒットで2点を追加。9−0とし、9回死球で出塁したランナーを代打梅谷(国際・2回)が、9球粘った末にセンター前にヒットを放ち、ダメ押しの1点を加え、終わってみれば10−0と関西外国語大学を引き寄せなかった。
 
 投げては3人のピッチャーが相手打線を4安打に抑え、見事な完封リレーを築いた。
 
 明日の試合は 12:00より同じくほっともっとフィールド神戸にて、第4節 第2回戦 対 関西外国語大学を予定しております。
 
天理大)森浦(6)、石原敬(2)、松原(1)ー石原貴、梅谷
関外大)西田(1、2/3)、高野(4、1/3)、藤岡(2)、渡辺(1)ー中村

三塁打)田中慶(関外大)
二塁打)中村(関外大)

2017年4月29日(土) 
2017年度 春季リーグ戦 第4節 第1回戦 対 関西外国語大学
TEAM TOTAL H
関西外国語大学
天理大学

   明日の試合は 10:00より同じくほっともっとフィールド神戸にて、第4節 第1回戦 対 関西外国語大学を予定しております。




2017年4月24日(月) 
2017年度 春季リーグ戦 第3節 第2回戦 対 追手門学院大学
TEAM TOTAL H
天理大学

追手門学院大学

 天理大学が昨日に引き続き、8番加藤(体育・3回)の適時2塁打で先制する。しかし3回裏追手門学院大学に、単打と2本の2塁打で逆転を許してしまう。天理大学も四球と、西山浩基(体育・4回)のヒットですぐさま同点に追いつく。4回裏からは緊迫した時間となった。天理大学は、ランナーを出すものの、得点に結びつけることができず、好リリーフをする、桜木(体育・2回)を援護できずにいた。均衡が破れたのは、9回表、キャプテン牧野(体育・4回)が四球で出塁すると、2番西山浩基がしっかりバントを決める。3番荻野(体育・3回)がライト前ヒットを放ち、1アウト、1.3塁とする。続く田中秀政(国際・3回)がみんなの期待に応える、タイムリーヒットを放ち、2−3と遂に逆転に成功する。その裏も桜木が3人で相手打者を打ち取り、ゲームセットを迎えた。

 
天理大)森浦(5、1/3)、桜木(3、2/3)ー石原貴
追門大)碇(2、2/3)、金村(2、1/3)、松林(1、1/3)、今西(2、2/3)ー滝

二塁打)福田、上野弘(追門大)、加藤、荻野(天理大)

2017年4月23日(日) 
2017年度 春季リーグ戦 第3節 第1回戦 対 追手門学院大学
TEAM TOTAL H
追手門学院大学

天理大学 × 10 13

 前節の勢いそのままに、今節も勝ち点を取りたい天理大学は、2回裏相手の失策と4本のヒットで一挙4点を挙げる。追手門学院大学も4回に1点を返すが、天理大学は相手の失策を逃がさず、そこにヒットを絡め、7回に2点、8回には4点を挙げ、10−1と追手門学院大学を引き寄せなかった。投げては、先発のマウンドに上がったエース中川(体育・4回)が8回14奪三振の圧巻のピッチング。今季2勝目をマーク。最終回は今日がリーグ戦デビューとなった松原(人間・2回)が落ち着いた投球をし、1回戦を勝利した。
 
 明日の試合は 12:40より同じく万博記念公園野球場にて、第3節第2回戦 対 追手門学院大学を予定しております。


天理大)中川(8)、松原(1)ー石原貴
追門大)金村(2)、碇(3)、松林(2)、林(1)ー滝、池村、藤田幸

二塁打)中村、石原貴(天理大)

2017年4月16日(日) 
2017年度 春季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
天理大学
大阪産業大学

 本日も勝って2連勝したい天理大学。3回表の攻撃、7番山本(体育・4回)がセンター前にヒットを放つと、フィルダースチョイスと、犠打で、1アウト2、3塁のチャンスを作る。ここで迎えるバッターは、天理大学のリードオフマン、1番荻野(体育・3回)。逆方向の綺麗な、レフト前ヒットで、今日も天理大学が先制点を挙げた。続く2番西山浩基(体育・4回)の犠牲フライで、更に1点を追加し、0−2とする。しかし、大阪産業大学も、4回裏、先頭の1番平本(福知山成美)がライトに2塁打を放ち、チャンスを作る。2、3番が連続三振で2アウトになるも、大阪産業大学の4番増田(大阪学芸)がライト線を破る適時2塁打で、1−2とする。追加点が欲しい天理大学は、7回表に2つの四球と犠打で2アウト、1、2塁のチャンスを作る。バッター西山浩基が左中間に走者一掃の適時3塁打を放ち、1−4と差を広げ、試合を決定づけた。
 投げてはリーグ戦初登板、1回生ルーキー、森浦(体育・1回)が大阪産業大学打線を、8回12三振2安打1失点で抑え、嬉しい初白星を飾った。最終回は先輩、2回生桜木(体育・2回)にマウンドを託した。桜木は、ランナーを一人出すが、3季目の登板、落ち着いた投球で、最終回を締めた。
 

天理大)森浦(8)、桜木(1)ー石原貴
大産大)當麻(6、2/3)、西川(2、1/3)ー井内

三塁打)西山浩(天理大)
二塁打)平本、増田(大産大)

2017年4月15日(土) 
2017年度 春季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 大阪産業大学
TEAM TOTAL H
大阪産業大学
天理大学
×

 第2節目から始まる天理大学の春季リーグ戦。昨年秋季リーグ戦、準優勝の悔しさを胸に、この約半年間、日々努力を積んで参りました。
 これから2ケ月間、応援宜しくお願い致します。

 試合が動いたのは3回、4番、主砲の田中秀政(国際・3回)の適時打で2点を先制した天理大学。しかし、5回に2つの失策が絡み1点を失うことになる。嫌なムードが流れるかと思いきや、、それを吹き飛ばすかのように、6回8番権代(体育・3回)が、レフト線に痛烈な適時2塁打を放ち、ダメ押しの1点を奪う。投げては先発のマウンドに上がった中川(体育・4回)も、しり上がりに調子を上げていき、終わってみれば、9回155球の力投、完投勝利を収めた。
 中川の熱投と野手の攻撃が絡み合い、3−1で天理大学が勝利を収めた。

 明日の試合は 9:30より同じく南港中央野球場にて、第2節 第2回戦 対 大阪産業大学を予定しております。

天理大)中川(9)ー石原貴
大産大)坂本龍(8)ー井内

二塁打)荻野、権代(天理大)

2016年11月5日(土) 
奈良県知事杯第20回記念大学・社会人野球大会 準決勝 対 近畿大学
TEAM TOTAL H
天理大学
近畿大学 11
 
 

※大会規定により時間切れコールド。

2016年11月5日(土) 
奈良県知事杯第20回記念大学・社会人野球大会 準々決勝 対 NSBベースボールクラブ
TEAM TOTAL H
NSB
天理大学 ×
 
 次回の試合は11月12日(土)佐藤薬品スタジアムにて10:00より開始予定でございます。


2016年11月3日(木) 
奈良県知事杯第20回記念大学・社会人野球大会 3回戦 対 佛教大学
TEAM TOTAL H
佛教大学
天理大学 ×
 
 次回の試合は11月5日(土)佐藤薬品スタジアムにて10:00より開始予定でございます。


2016年10月30日(日) 
奈良県知事杯第20回記念大学・社会人野球大会 2回戦 対 奈良Jメンテナンスクラブ
TEAM TOTAL H
奈良Jメンテ
天理大学 × 12
 
 次回の試合は11月3日(木)白川野球場にて12:30より開始予定でございます。

※大会規定により7回コールド

2016年10月29日(土) 
奈良県知事杯第20回記念大学・社会人野球大会 1回戦 対 奈良産業大学OBクラブ
TEAM TOTAL H
奈良産OB
天理大学 11 × 33
 
 次回の試合は10月30日(日)橿原市運動公園野球場にて10:00より開始予定でございます。

※大会規定により7回コールド

2016年10月17日(月) 
2016年度 秋季リーグ戦 第7節 第3回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
大阪体育大学
天理大学 5×
10
 
  今季リーグは、優勝決定戦の初戦を落としてしまい、準優勝という結果に終わりました。去年秋の、明治神宮大会が終わってから、全員で関西選手権の優勝旗の返還に行くことを目標に、「一手一つ」になって取り組んで参りましたが、あと一歩のところで、優勝を逃してしまいました。この悔しさを糧に優勝に向けて、明日から、春季リーグの準備に取り掛かります。

 そして、4回生全員が、このリーグを最後に引退します。先輩方の想いも背負い在学生で、天理野球の伝統をこれからもしっかり守っていきます。

 球場に足を運んで頂いた皆様をはじめ、OBの方、保護者の方々、声援を送ってくださった、全ての皆様に感謝申し上げます。

 これからも天理大学硬式野球部をよろしくお願い致します。
天理大)桜木(2、1/3)、石原敬(2)、服部(2)、八木(1、1/3)、山本竜(1)ー石原貴、多田

大体大)勝田(7)、門前(1、2/3)、田中雅(1/3)

本塁打)大石@
二塁打)中川広、孫入、出雲(大体大)、田中秀、権代、尾ア(天理大)

2016年10月16日(日) 
2016年度 秋季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
天理大学 10
大阪体育大学
 
  
天理大)八木(5、0/3)、服部(1/3)、豊本(3、2/3)

大体大)菅原(6)、田村(0/3)、田中雅(3)

三塁打)田中秀(天理大)、中川広(大体大)
二塁打)西山、中野(天理大)

2016年10月15日(土) 
2016年度 秋季リーグ戦 第7節 第1回戦 対 大阪体育大学
TEAM TOTAL H
大阪体育大学
天理大学
 
 
天理大)山本竜(6、1/3)、石原敬(0/3)、桜木(2、2/3)ー多田

大体大)門前(7、2/3)、勝田(1、1/3)

三塁打)庄野(大体大)
二塁打)内藤晃(大体大)、牧野、荻野(天理大)

TEAM TOTAL H
天理大学 15
関西国際大学
 
  二回戦の今日。本日も勝利を収め最終節に望みを繋げたい天理大学。
 3回の表、1番荻野(体育・2回)から始まる攻撃。昨日に引き続き、天理大学の猛攻が始まる。
 3連打で無死満塁とすると、押し出し死球で先制する。更に安打と四球で、3点を加え、なおも1死満塁から、ラストシーズン想いのこもった4回生木林の一発が(体育・4回)のホームランとなり、それを含む、6安打、3四死球の攻撃で、一挙8得点。関西国際大学を一気に突き放す。
 更に4回の表、7番尾崎(体育・2回)のレフトオーバーの当たりが、スタンドへ。1点を追加し、9対0とする。

 投げては先発の1回生、桜木(体育・1回)が関西国際打線を1失点に抑える、好ピッチング。6回、連打でピンチを迎えるも、バックの先輩に助けられながら、ピンチを乗り切り、成長した姿を見せた。今季初完投、3勝目をマーク、天理大学も今節2勝目を勝ち取った。

 次回の試合は、10月15日(土)。12:30より南港中央野球場にて、第7節(最終節)、第一回戦、対 大阪体育大学を予定しております。
 最終節2連勝すると、天理大学の優勝が決まります。足並みをそろえて、「一手一つ」に、メンバー、メンバー外関係なく、全員で優勝を取りに行きたいと思っています。皆様、ご声援宜しくお願い致します。。
天理大)桜木(9)ー多田

関国大)吉本(2、1/3)、上野(3)、石田(3、2/3)

本塁打)木林@、尾ア@
二塁打)権代

2016年10月2日(土) 
2016年度 秋季リーグ戦 第5節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
関西国際大学 10
天理大学 10 × 10
 
 今日から負けると自力優勝がなくなる天理大学。ここから4連勝するために、「一手一つ」となり、練習に励んで参りました。

 対 関西国際大学の大事な一戦目、先発のマウンドに上がったのは、山本竜也(体育・4回)。対する関西国際大学は、上野(福井工大福井)。両エースの投げ合いとなった。
 
 しかし1回の表から、山本竜也が関西国際打線に捕まる。2つの四死球と3本ヒットを浴び、2点を失ったところで、石原敬(体育・2回)にマウンドを託す。
 石原敬、服部(国際・3回)が、好リリーフを続けるも、関西国際大学・エース上野の前に、あと一本が出ずにいた。
 なおも、7回の表、関西国際大学の8番、宮下(健大高崎)から始まる攻撃に、3本の長短打とバントを絡められ、ダメ押しの2点を失う。
 その裏、何としてでも追いつきたい天理大学の攻撃は、尾ア(体育・2回)から始まる。尾ア、権代(体育・2回)の2本のヒットで、0アウト1・3塁とすると、代打の切り札、石井(国際・3回)の執念の内野安打で1点を返す。荻野(体育・2回)のバントで、なおも2・3塁のチャンスを作ると、代打起用の加藤(体育・2回)が、レフト前に2点タイムリーを放ち、4対3まで追い詰める。続く牧野(体育・3回)がサードフライに倒れるも、4番田中秀政(国際・2回)が、右中間ヒットを放ち、2アウトながらも1・3塁のチャンスを作る。同点のチャンスに迎えるバッター多田(国際・4回)は4回生の意地を見せ、左前適時打を放つ。これで4対4。試合を振り出しに戻す。 
 天理大学の勢いは止まらなかった。山本柊作(体育・3回)の左越本塁打で、7対4とし、遂に試合をひっくり返す。打順が1順し、今イニング2打席目の7番尾崎が、ライト前ヒットを放つと、8番権代も四球を選んで、繋ぐ。ここで、今イニング代走で途中出場の山田(国際・3回)に打席が回る。応援歌が響きわたる中、仕留めた打球はレフトスタンドへ。。関西国際大学を一気に突き放し、10対4とする。この回終わってみれば、本塁打2本を含む9安打、8回9回も、守護神豊本(国際・3回)がきっちり閉め、1回戦を大逆転で勝利した。

 明日の試合は 12:30より同じく万博記念公園野球場にて、第5節第2回戦 対 関西国際大学を予定しております。

天理大)山本竜(1/3)、石原敬(4)、服部(2、2/3)、豊本(2)ー多田

関国大)上野(6、2/3)、森國(0/3)、前田(1/3)、中川大(1)ー森下

本塁打)山本柊@、山田@
二塁打)権代

2016年10月1日(土) 
2016年度 秋季リーグ戦 第5節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
関西国際大学
 
 本日の試合は、グラウンド状況が悪いため中止となりました。
 
 10/2(日)12:40より万博記念公園野球場で行われる予定の試合が第1回戦となり、第2回戦は、同じく万博記念公園野球場で、10/3(月)10:00より行われる予定をしております。
 
 

2016年9月26日(月) 
2016年度 秋季リーグ戦 第4節 第3回戦 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
大阪産業大学 1×
 
 昨日の勝利から1夜明け、3戦目となる本日の試合。

 天理大学の先発はエース山本竜也(体育・4回)。大阪産業大学の先発は西川(神戸国際大附)。この2人が毎回スコアボードに0を並べる好投を披露し、緊迫した投手戦となった。
 先攻の天理大学は、ランナーを出すも得点に結びつけることが出来ず、山本竜也を援護出来ずにいた。
 対して、後攻の大阪産業大学は8回、8番井上貴博(市立和歌山)のヒットと、四球で2アウト2塁のチャンスを作る。バッターは、三矢(常葉学園菊川)。山本竜也が投じた3球目をレフト前に。セカンドランナー、井上貴博は一気に、ホームを狙うが、天理大学の強肩山本柊作の好返球で、得点を阻止される。
 お互い気のゆるみの許されない時間が続いた。
 山本柊作(体育・3回)の好守備に助けられた、天理大学は、勢いそのままに9回の裏2アウト1、3塁のチャンスを作るが、8番石原貴規(体育・1回)が打ち取られ、延長戦にかけることしかできなくなってしまった。
 9回裏、遂に遅すぎた先制点という名の、決勝点が入ってしまう。大阪産業大学は先頭打者が四球で出塁すると、盗塁を成功させ、ランナーはセカンドに。スコアリングポジションにランナーを進める。迎えたバッターは幸田(関西中央)。レフト線にヒットを放ち、セカンドランナーが生還。天理大学は、今節2回目となるサヨナラ負けを喫した。

 天理大学は、今季初、勝ち点を落としてしまいましたが、まだまだ関西選手権の道が完全に閉ざされた訳ではありません。残りの、第5節、最終節の勝ち点を全員で取りに行きたいと思っています。
 ご声援宜しくお願い致します。

 次回の試合は、10月1日(土)。10:00より万博記念公園野球場にて、第5節、第一回戦、対 関西国際大学を予定しております。

 
天理大)山本竜也ー石原貴規
大産大)西川ー井上貴博

2016年9月25日(日) 
2016年度 秋季リーグ戦 第4節 第2回戦 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
大阪産業大学 13
天理大学
 
 今日勝って、明日の3戦目に繋げたい天理大学。
 1回の裏から試合は動く。1番キャプテン牧野(体育・3回)がレフト前ヒットで出塁すると、2番荻野(体育・2回)がきっちり送りバントを成功させる。これで1アウト2塁のチャンスを作ると、3番山本柊作(体育・3回)がセンター前ヒットを放ち、理想の形で1点が入る。更に4番田中秀政(国際・2回)、5番多田(国際・4回)の連続ヒットで1点を追加。2対0とする。
 天理大学は、4回に荻野の右適時打で1点、7回には2安打と、1犠打、相手の四球と、失策もあり3点を追加し、6対0と大阪産業大学を引き離すが、8回の表、ここまで大阪産業大学打線を2安打、無失点に抑えていた、天理大学の先発ピッチャー桜木(体育・1回)が、三者連続で四球を与え、1アウト満塁のピンチを迎える。ここで打席が回ってきたのが、大阪産業大学の主砲、増田(大阪学芸)。桜木が投じた2球目を、スタンドに放り込み、6対4と詰め寄られる。その後もピンチを迎えた天理大学だったが、桜木からマウンドを預かった石原敬(体育・2回)が好投し、9回裏も無失点で切り抜け、2戦目は天理大学が白星をつけた。

 明日の試合は 12:30より同じく南港中央野球場にて、第4節 第3回戦 対 大阪産業大学大学を予定しております。

 全員で3つ目の勝ち星を取りに行きます。皆様ご声援宜しくお願い致します。
 
天理大)桜木(7、1/3)、石原敬(1、1/3)ー石原貴規
大産大)坂本龍聖(6、2/3)、廣中(1、1/3)ー井上貴博

本塁打)増田(大産大)
二塁打)多田、牧野(天理大)

2016年9月24日(土) 
2016年度 秋季リーグ戦 第4節 第1回戦 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 13
大阪産業大学 1× 11
 
 1節あいて、迎えた大阪産業大学戦。この2週間、4節目で勝ち点を取るために日々の練習に励んで参りました。
 まず、守りの大阪産業大学の先発ピッチャーは、西川(神戸国際大附)。1回の表、天理大学の攻撃。先頭の1番牧野(体育・3回)が三振に倒れるも、続く2番荻野(体育・2回)がレフト前ヒットで出塁。3番山本柊作(体育・3回)がライト前ヒットで、繋ぎ、初回から1アウト1、3塁のチャンスを作る。4番の田中秀政が打ち取られ、2アウトになるが、 山本柊作の盗塁が相手ショートの捕球エラーを誘い、思わぬ形で、天理大学が、先制する。
 天理大学は4回にも7番尾ア(体育・2回)の右中間適時3塁打などで、2点を追加、5回には5番多田(国際・4回)の左中間適時2塁打で2点を追加し、5対0と大阪産業大学との点差を引き離していく。投げては、先発、エース山本竜也(体育・4回)が5回を1失点に抑える好ピッチング。
 前半は、天理大学の一方的な試合になった。
 しかし7回の裏、大阪産業大学の攻撃。遂に好ピッチングを続けていた、山本竜也が捕まる。先頭の井上貴博(市立和歌山)が、センター前ヒットを放ち、出塁する。9番中川大輔(関西中央)を三振に、打ち取るが、続く1番この日初打席の石田涼(立正大湘南)、2番途中出場の山腰(岡山理大附)に連打を浴び、更に3番松川(北大津)の犠牲フライで3点を返され、5対4と1点差に詰め寄られ、8回から、豊本(国際・3回)にマウンドを託す。
 8回にも首藤(益田東)、井上貴博の連打で1点を返され、遂に試合を振り出しに戻される。
 9回の表、1点が欲しい天理大学の攻撃。2アウトから、田中秀政がヒットで出塁するも、無失点に終わり、延長戦に望みを繋げる。
 9回の裏、大阪産業大学は、先頭山腰が四球で出塁すると、セカンドゴロと、田中秀政の失策により、1アウト1、3塁のピンチを迎える。最後は5番松本(高知)のレフト前ヒットで、3塁ランナーが生還。天理大学は、大阪専業大学にサヨナラ負けを喫した。

 明日の試合は 10:00より同じく南港中央野球場にて、第4節 第2回戦 対 大阪産業大学大学を予定しております。 

 3回戦に繋げるため、明日の試合も精一杯戦って参ります。皆様ご声援宜しくお願い致します。

天理大)山本竜也(7)、豊本(7、1/3)ー石原貴規
大産大)西川(5)、安達(4)ー井上貴博

三塁打)尾崎(天理大)、山腰(大産大)
二塁打)多田(天理大)、松本(大産大)

2016年9月12日(月) 
2016年度 秋季リーグ戦 第2節 第3回戦 対 関西外国語大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
関西外国語大学 10
天理大学 11 13
 
 昨日の勝利から一夜明け、このままの勢いで3回戦も勝利し、勝ち点をつかみ取りたい天理大学。大事な先発マウンドを任されたのは、エース山本竜也(体育・4回)。
 一回の表、関西外国語大学に2本のヒットをあびせられるが、初回を無失点で切り抜ける。その裏天理大学の攻撃2アウトから、3番山本柊作(体育・3回)がセンター前ヒットで出塁。続く4番田中秀政(国際・2回)の3球目に山本柊作が盗塁を成功させ、2アウトながらもランナー二塁というチャンスをつくる。その思いに田中秀政が応え、センターに適時打を放ち1点を先制する。
 しかし、関西外国語大学も3回表、1アウトから太田、津山の連打で一点を返し、試合をふりだしに戻す。
 天理大学は、四回の裏5本のヒットと2つの四死球をからめ、この回一挙、六点のビックイニングをつくる。さらに、五回の裏にも、荻野(体育・二回)の右中間適時三塁打を含む4安打と、2つの四死球で4点を加え、11対1と関西外国語大学を引き離す。
 投げては先発の山本竜也が七回1失点という好ピッチングを披露する。八回表から、マウンドに上がった齋藤(体育・一回)が連打をあび、1点を返され11対2とされるが、関西外国語大学の反撃もここまで。
9回は、服部(国際・3回)が相手打線をきっちり抑え、試合終了。
天理大学が、2つ目の勝ち点を掴み取った。

 今節の試合は、メンバーだけでなく、スタンドからの声援も力に、天理大学らしい「一手一つ」の野球が出来たと思います。この勝利を忘れず、次の試合も戦って参ります。

 3節目は空き節となります。
 次回の試合は 12:30より南港中央野球場にて、第4節 第1回戦 対 大阪産業大学を予定しております。
 
天理大)山本竜(7)、齋藤(1)、服部(1)ー多田

関外大)西田(3、1/3)、竹内(2/3)、高野(3)、毛利(1)ー中村

三塁打)荻野(天理大)

二塁打)津山(関外大)

2016年9月11日(日)
2016年度 秋季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 関西外国語大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
10
関西外国語大学
 
 昨日の敗戦から1夜明けた今日。この2回戦に勝利し、3戦目に望みを繋げたい天理大学。
 試合は1回の表から動く。関西外国語大学の先発ピッチャーは田村(奈良大付属)。天理大学は、1番荻野(体育・2回)のフォアボールで、ノーアウト1塁とすると、2番西山(体育・3回)がピッチャー前に、きっちり送りバントを成功させ、1アウト2塁と、初回からスコアリングポジションにランナーを進める。3番山本柊作(体育・3回)のセカンドゴロが、進塁打となり、2アウトランナー3塁。先取点を取り、勢いに乗りたい天理大学。続く4番田中秀政(国際・2回)が、皆の思いに応える、適時右線二塁打を放つ。3塁ランナー荻野が生還し、1対0。2回戦は天理大学が先制した。
 1回の裏、天理大学は、1回生右腕桜木(体育・1回)に大事なマウンドを託す。その立ち上がり、制球に苦しみ2つの四球を出すが、天理大学の正捕手多田(国際・4回)が、1番田中宏明(智辯和歌山)の盗塁を阻止するなどの、味方の好守備に助けられ、この回を無失点で切り抜ける。
 桜木は、2回、3回を打者3人で打ち取る好ピッチング。しかし、遂に関西外国語大学打線に捕まってしまう。4回の裏、関西外国語大学の攻撃。先頭の、2番太田(香川西)、続く3番林(箕島)を打ち取るが、2アウトから、3安打、一四球で逆転を許してしまう。。
 4回以降、追いかける立場となった天理大学。5回から好リリーフをしている豊本(国際・3回)の頑張りに応えたいが、毎回ヒットや、四球で、ランナーは出すものの、得点には結びつけられず、我慢の時間が続いた。7回表には、先頭バッター、9番権代(体育・2回)が出塁、1番の荻野が送り、1アウト2塁のチャンスの場面を作る。ここで迎えるバッターは5回からライトの守備に付いている尾崎(体育・2回)。今試合初打席となる。田村が尾崎に投じた10球目、鋭い当たりがファーストミットに収まり、惜しくも好機を逃してしまう。
 しかし、何度チャンスを逃しても、天理ベンチは諦めなかった。8回の表、3番山本柊作が意地のライト前ヒットを放つと、続く主砲、4番田中秀政、ここはきっちり送りバントを決める。多田がセカンドの内野安打で出塁し、1アウト1、3塁。バッターはキャプテン牧野(体育・3回)。牧野の応援歌『ボレロ』が3回生の応援団を中心に、スタンドから響きわったていた。皆の思いを背負った主将の一振りは適時三塁打に。ランナー二人が生還し、遂に試合をひっくり返す。
 更に天理大学は、9回尾崎のライト線適時打で、ダメ押しの1点を追加し、試合を決定づけた。
 投げては5回からマウンドに上がった豊本が、9回も関西外国語大学を抑え、試合が終了。天理大学は1勝1敗に持ち込み、明日の3回戦に、望みを繋げることが出来た。

 今回は、終盤にリードされていても、必ず逆転するという、強い気持ちが勝利に結びついたと思う試合でした。明日の試合も必ず勝利し、ふたつ目の勝ち点を取りにいきたいと思いますので、皆様ご声援宜しくお願い致します。
 
 なお、明日の3回戦は、同じく南港中央野球場にて、12:30プレイボールを予定しております。
天理大)桜木(4、0/3)、豊本(5)ー石原貴、田中稜

関外大)田村(7、1/3)、藤岡(1、2/3)ー中村

三塁打)牧野(天理大)
二塁打)田中秀(天理大)、中元、田中慶(関外大)


2016年9月10日(土)
2016年度 秋季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 関西外国語大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
関西外国語大学
天理大学
 
 1節目で勝ち点を取りこのままの勢いで、2節目の勝ち点も取りたい天理大学。前節同様、今節の1戦目の先発マウンドを任されたのは、エース山本竜也(体育・4回)。対する関西外国語大学の先発は、西田(滋賀学園)。
 1回の表から4回の裏まで、両ピッチャーが打たせて取る快投で、お互い譲らぬ投手戦となる。
 均衡を破ったのは5回の表、関西外国語大学の攻撃。先頭の上野(滝川第二)に四球を与えると、続く、7番古川(滋賀学園)が左二塁打を放ちノーアウト2、3と天理大学はピンチを迎える。8番中村(履正社)の当たりは、ライト犠牲フライに。。関西外国語大学が先制点を手にした。更に2番太田(香川西)のレフト前タイムリーで1点を加え、2対0とする。その裏天理大学の攻撃、1アウトから、キャプテン牧野(体育・3回)の二塁打でチャンスを作るも、続く8番権代のレフトフライをが、焦りを誘いダブルプレイとなり、好機を逃してしまう。
 7回表からマウンドに上がった、石原敬(体育・2回)。先頭バッター7番古川に投じた4球目をレフトスタンドへ運ばれてしまう。更に、8番中村への死球、9番田中慶太(三田松聖)のライト前ヒット、1番田中宏明(智辯和歌山)のバントヒットでノーアウト満塁のピンチを迎える。しかしここは、味方の好守備に助けられ、最少失点で切り抜ける。
 このままでは終われない天理大学。8回裏、5番多田、6番牧野の連打で、ノーアウト1、3塁とする。ここで7回まで力投を続けてきた谷がマウンドを降り、藤岡(報徳学園)にマウンドを託す。ワイルドピッチで多田がホームに生還するも、後続が凡打に倒れ1点に留まる。
 9回表、石原敬からマウンドを預かった豊本(国際・3回)。3回生らしい堂々としたピッチングで、9番田中慶太に、内野安打を許すものの危なげないピッチングを披露し、最後の攻撃に望みをかける。。
 9回裏、点差は2点。何としても追いつきたい天理大学。先頭の荻野(体育・2回)が落ち着いて四球を選ぶが、最後は後続が相手ピッチャーに抑えられ、試合終了。今季初黒星をつける結果となった。

 次回の試合は 12:10より同じく南港中央野球場にて、第2節 第2回戦 対 関西外国語大学を予定しております。

 明日は必ず勝利し、第3回戦に持ち込み、勝ち点を取りにいきます。皆様応援、宜しくお願い致します。
天理大)山本竜也(6)、石原敬(2)、豊本(1)ー多田
関外大)西田(7、0/3)、藤岡(2)ー中村

本塁打)古川@(関外大)
二塁打)牧野(天理大)、古川(関外大)


2016年9月4日(日)
2016年度 秋季リーグ戦 第1節 第2回戦 対 追手門学院大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
12 13
追手門学院大学 13
 
 2回戦となる今日。勝利し、勝ち点を取りたい天理大学。大事な先発マウンドを任されたのは、1回生右腕、桜木(体育・1回)。対する追手門学院大学の先発ピッチャーは、谷(水口)。

 1回の表天理大学の攻撃。1番荻野(体育・2回)のセンター前ヒットで試合が始まった。2番牧野が四球を選び、ノーアウト、1塁2塁。初回から先制のチャンスが訪れる。相手のエラー、4番田中秀政(国際・2回)の犠牲フライでスコアボードに2をつけた。
 初回から追いかける展開となった、追手門学院大学は4回の裏上野(箕島)の一振りがライトスタンドへ。1点を返し、2対1と、1点差に迫られる。
 しかし天理大学もすぐに引き離しにかかる。5回、2アウトランナーなしから、山本柊作(体育・3回)の三塁打でチャンスを作る。続く4番田中秀政がライト前ヒットを放ち山本柊作をホームに返す。更に6回には代打中村(国際・3回)の完璧な当たりのホームランが飛び出す。7回にも田中秀政の2ランを含む5安打の猛攻で一挙5点を加え、9対1と、差を一気に広げた。
 このままでは終われない、追手門学院大学。6番井田(北海)のソロホームランを含む4安打で5点を追加、9対6と、3点差に縮めた。
 だが、追手門学院大学の反撃もここまで。8回表、天理大学の攻撃。途中出場の尾崎(体育・2回)の適時二塁打と、合田(国際・2回)の犠牲フライで3点を追加し、試合を決定づける。最後は7回からリリーフした、抑えの豊本(国際・3回)がきっちりしめ、天理大学の勝利、嬉しい勝ち点を手にした。

 終わってみれば、両チーム共に13安打、2本ずつの本塁打が飛び出す乱打戦となった。ピンチになった場面も多々ありましたが、そういう場面こそ「一手一つ」の精神で、全員で粘り強く野球をすることができ、勝利に結びつけることが出来ました。1回生投手桜木(体育・1回)はリーグ戦初白星をつけることが出来ました。次節も天理らしい野球をしていきたいと思いますので、ご声援宜しくお願い致します。
 
 次回の試合は 14:50より南港中央野球場にて、第2節 第1回戦対 関西外国語大学を予定しております。
 
天理大学)桜木(5)、石原敬(1)、中川(0/3)、齋藤(1/3)、豊本(2、2/3)ー石原貴
追手門学院大学)谷(6、1/3)、小林(2/3)、佐原(1)、芦田(1)ー滝

二塁打)権代、山本柊、尾ア(天理大学)
三塁打)山本柊(天理大学)
本塁打)中村@、田中秀@(天理大学)上野、井田(追手門学院大学



2016年9月3日(土)
2016年度 秋季リーグ戦 第1節 第1回戦 対 追手門学院大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
追手門学院大学

10
天理大学

×
 
 3位という結果に終わった春季リーグ戦から3ヶ月、全ては秋季リーグでの連覇を果たし、関西選手権に全員で優勝旗を返還しに行くという目標の為に、日々の練習、オープン戦に取り組んで参りました。9月3日〜10月22日までの約2ヶ月間ご声援宜しくお願い致します。

 初戦となった1節目。対するは追手門学院大学。天理大学の先発マウンドを託されたのは、エース山本竜也(体育・4回)。追手門学院大学の先発投手は金村(天理)。天理高校出身同士の投げ合いとなった。
 1回の表、追手門学院大学の攻撃。山本竜也は2アウトから3番中西(敦賀気比)にセンター前ヒットを許すが、4番の上野(箕島)を三振に打ち取り、まずまずの立ち上がりを見せる。
 その裏、天理大学の攻撃。1番の荻野(体育・2回)がショートゴロに倒れるも、天理大学の切り込み隊長2番西山(体育・3回)がライト前にヒットを放ち、1アウト1塁とする。ワイルドピッチ、3番山本柊作(体育・3回)のショートゴロの間に西山が三塁まで進み、2アウト3塁。ここで迎えるは4番田中秀政(国際・2回)。先制点の入るチャンスを任されるが、ここは相手ピッチャーの金村に抑えられ、セカンドフライに倒れる。
 試合が動いたのは3回裏、天理大学の攻撃先頭、8番権代が(体育・2回)内野安打で出塁すると、9番奥山(体育・3回)がきっちり送りバントを成功させる。1アウト2塁で天理大学のリードオフマン荻野に打席が回る。3球目で仕留めた打球は、痛烈なライト前ヒットに。ライトがボ―ルをはじいている隙に2塁にいた権代はホームに生還。先制点をもぎ取った。続く西山が四球で出塁するが、3、4番が凡打に倒れ3アウトチェンジ。
 天理大学は4回裏にも権代のレフト前タイムリーで1点を追加。6回裏には、4番田中秀政、5番多田(国際・4回)、6番キャプテン牧野(体育・3回)の3連打で2点を追加し、点差を4点まで突き放す。
 更に7回にも、2番西山の右中間へのツーベースヒット、3番山本柊作のライト前ヒット、4番田中秀政のレフト線へのツーベースヒットと、3連打を繰り出し1点を加え、5対0とする。
 投げては、エース山本竜也は、ヒットを許す場面もあったが、打たせて取る粘り強いピッチングで得点板に0を並べていく。
 しかし9回表、天理大学は、この回を守り切れば勝利。という場面で試練が訪れる。先頭バッター1番井上貴輔(敦賀気比)に投じた初球はレフトスタンドへ。黙ってはいない追手門学院大に渾身の一打を浴びせられる。続く2番濱田(神戸北)のセカンドゴロを奥山(体育・3回)が失策。ノーアウト1塁。3番、4番をフライに打ち取るが、5番滝(滋賀学園)に四球を許し2アウト1、2塁とされる。続く6番井田(北海)にライト前ヒットを打たれ、2塁ランナーが生還。5対2とされるが、追手門学院大学の反撃もここまで。7番權田(香川西)を打ち取り試合終了。天理大学は、1回戦を勝利した。
 
 第2回戦は9月11日(日)同じく万博記念公園野球場で10:00より試合開始を予定しております。
  
天理大学)山本竜(9)ー多田
追手門学院大学)金村(8)ー尾前、滝

二塁打)西山、田中秀(天理大学)
、10
2016年6月22日(水)
2016年度 新人戦 決勝 対 流通科学大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
流通科学大学
天理大学
 
 今季の新人戦はあと一歩のところで優勝を逃してしまいました。春季リーグ戦が3位に終わってしまい、先輩の分までという思いが強かったためとても悔しい結果になってしまいましたが、この負けを秋季リーグに生かし、優勝するため練習に励んで参りますのでご声援これからもよろしくお願い致します。

2016年6月19日(日)
2016年度 新人戦 準決勝 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
大阪産業大学
 
 
 
 
 

2016年6月12日(日)
2016年度 新人戦 第3回戦 対 追手門学院大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 11
追手門学院大学


 
 
 
 
2016年6月4日(土)
2016年度 新人戦 第1回戦 第1試合 対 関西外国語大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
関西外国語大学
 
 
 
 
 

2016年5月22日(日)
2016年度 春季リーグ戦 第7節 第1試合 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
大阪産業大学
10

 昨日の試合から一夜明け、勝ち点を取るため今日の試合に勝利し3回戦に持ち込みたい天理大学。1回の表1番荻野(体育・2回)が三遊間を破るヒットで出塁し、2番木林(体育・4回)の送りバントで1アウト2塁、3番の山本柊(体育・3回)のファーストゴロの間に荻野は3塁まで進み、2アウト3塁いきなりチャンスを迎える。4番田中秀(国際・2回)が期待に応えるレフト前を放ち、1点を先制する。2回戦の先発マウンドを託されたのは、中川(体育・3回)1回の裏を3人で締め、更にチームを勢いづかせる。次に試合が動いたのは5回の表天理大学の攻撃。2つのフォアボールと木林のセンター前ヒットで、1点を追加する。その裏に大阪産業大学の攻撃。白井(北大津・2回)のレフトへの2ベースヒットで1点を返され2−1とし、後半戦へ突入する。6回はともに無失点。7回の裏中川はこの回先頭バッター首藤(益田東・3回)をライトフライに打ち取るが、8番井上貴(市立和歌山・4回)にライト前を許す。更に1番中川(関西中央・4回)、2番幸田(関西中央・4回)の連続ヒットを浴び1点を返され2−2。2アウト1・3塁を迎えたところで、齋藤(体育・1回)に交代。大阪産業大学打線が齋藤を襲う。3番三矢(常葉菊川・3回)、4番増田健(大阪学芸・3回)の連打を浴び、降板。更に2点が追加され4−2。桜木に交代する。最終回出塁はしたが、代打加藤(体育・2回)の放った打球がレフト太田耀(神戸国際・3回)のグローブに収まり、試合終了。天理大学の春季リーグ戦が終了した。

 今季は、去年の秋リーグが終わってから、秋春制覇を目指し厳しい冬、春季キャンプを乗り越え練習に励んで参りました。6勝4敗、第3位という悔しい結果になってしまいましたが、春で引退する4回生の想いも背負い、残る在部生で必ず、秋リーグ戦で優勝奪還することを誓います。球場に見に来ていただいた皆様、応援をしてくださったすべての皆様に感謝し、これからも私たち天理大学硬式野球部は日々の練習に取り組んでいきます。
 
 6月4日より阪神大学野球連盟新人戦が開幕します。リーグ戦同様優勝目指して頑張りますので、ご声援よろしくお願い致します。

                  (戦評:マネージャー)
天理大学)中川(6、2/3)、齋藤(0/3)、桜木(1、1/3)ー多田
大産大)大力(7)、西川(2)ー井上貴博

二塁打)田中秀政(天理大学)、西岡(天理大学)、増田健志郎(大産大)、白井(大産大)
2016年5月21日(土)
2016年度 春季リーグ戦 第7節 第1試合 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
大阪産業大学
12
天理大学 11

 関西国際大学の優勝が決まり、天理大学の神宮への道は途絶えたが、負けるにはいかない。秋季リーグに繋げるためにも関西国際戦以降6連勝を目指して練習を行ってきた。

 先発マウンドに上がったのは石原(体育・2回)、初回中川(関西中央・4回)に先頭打者ホームランを打たれる、その後制球が定まらず、2本のヒット、2つの四球を出し井上貴(市立和歌山・4回)を迎えたところで、齋藤(体育・1回)にマウンドを託す。この回終わってみれば4失点、天理大学は序盤から追いかける展開となる。
 2回の裏、多田(国際・4回)と舩曳(体育・4回)でノーアウト1、2塁、そのあとに続く7番牧野(体育・3回)がきっちり送りバントを決め、1アウト2、3塁とチャンスを迎える。8番奥山(体育・3回)が三振に倒れるが、9番西山の当たりがピッチャーへの強襲ヒットとなり、その間にランナーがふたり帰り2点を返すことに成功。4−2とする。が、3回の表の大阪産業大学の攻撃で齋藤は3本のヒットを浴び、1点を追加され、突き放される。その裏、木林(体育・4回)、多田(国際・4回)がヒットで出塁するが点に結び付けることが出来なかった。4回の表マウンドを託されたのは、豊本(国際・3回)。3人でピシャリとしめる。天理は攻撃で、出塁はするものの点が入らない苦しい展開となっていた。5回の表からはエース山本竜(体育・4回)がマウンドに上がる。6回の表2本のヒット、1死球で更に1点を追加される。
 天理大学は山本竜を援護したいが、1点が遠い。9回今季悔しい思いをした代打加藤(体育・2回)の秋に繋がる起死回生のソロホームランで1点を返す。しかし牧野がセカンドゴロに倒れ6−3のまま試合終了。第1回戦を落としてしまう。
 
 明日5月22日(日)第2回戦は同じく佐藤薬品スタジアムで12:30〜試合開始の予定です。最終節皆様のご声援に応えられるよう最後まで戦って参りますのでよろしくお願い致します。
 

                 (戦評:マネージャー)

天理大学)石原敬(1/3)、齋藤(2、2/3)、豊本(2、2/3)、(3、1/3)ー多田
大産大)坂本龍聖(9)ー井上貴博

本塁打)加藤聖也@(天理大学)

三塁打)三矢(大産大)

二塁打)井上貴博(大産大)
2016年5月8日(日)
2016年度 春季リーグ戦 第5節 第2回戦 対 大阪体育大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
天理大学
大阪体育大学
TEAM 10 TOTAL H
天理大学 10
大阪体育大学 10

 大阪体育大学を2連勝しないと後がない天理大学は左腕エース中川(体育・3回)が登板。制球に苦しむもスコアボードに0を並べる。試合が動いたのは3回。相手先発の菅原(福井工大福井)は、阪神連盟の屈指右腕。対するバッターは昨日本塁打を放っている山本柊(体育・3回)。カウント1-1からの3球目。甘く入ったスライダーをライトスタンドまで持っていき、2点先制する。
 続く4回、6番西岡(国際・3回)が四球を選び、隈元(体育・4回)がきっちりと送る。8番大杉(国際・4回)が粘るも凡打に倒れるが、ま9番牧野(体育・3回)、1番荻野(体育・2回)の連続適時打でこの回も2点を追加する。
 反撃したい大阪体育大学は無死から内藤晃(三田松聖)、庄子(奈良大附属)の連続二塁打で1点を返す。
 力投を続ける中川は6回に先頭庄野(履正社)に左越本塁打を浴びるも1点に抑える。
 5対3で迎えた9回。中川を援護した齋藤(体育・1回)が、代打小倉(日南学園)に痛恨の同点2点本塁打を浴びる。一気に逆転したい大阪体育大学は、齋藤からバトンタッチした山本竜(体育・4回)にピシャリと抑えられる。
 なんとしてでも勝ち点を取りたい天理大学は10回表先頭の大杉の右越二塁打を皮切りに、木林(体育・4回)の二塁打で2点を勝ち越し、更に山本柊の右越本塁打で勝負を決めた。
 10回裏は山本竜が危なげなく試合を締め、ゲームセット。

 次の試合は5月21日10時より佐藤薬品スタジアムにて大阪産業大学との最終節となりますのでご声援宜しくお願い致します。

             (戦評:マネージャー一同)
天理大学)中川(7、2/3)、齋藤(0、2/3)、山本竜(1、2/3)ー大杉
大体大)菅原(3、2/3)、遠藤(0、2/3)、左納(1、2/3)、田中雅(3、0/3)、田村(0、1/3)、久保(0、2/3)ー乾、北川

本塁打)山本柊A(天理大学)、庄野、小倉(大体大)

二塁打)荻野、山本柊、大杉、木林(天理大学)
内藤晃、庄子、青木(大体大)
2016年5月7日(土)
2016年度 春季リーグ戦 第5節 第1回戦 対 大阪体育大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
大阪体育大学
天理大学
 
 神宮に行くには4連勝が必須とされる天理大学。ここで負けるわけにはいかない。対 大阪体育大学戦となる1戦目の先発マウンドを任されたのは石原敬(体育・2回)。4回まで大阪体育大学をノーヒットピッチング。大阪体育大学の先発、田村(大田)も天理打線を3回無失点に抑えていた。4回の裏、天理大学の攻撃。先頭の2番木林(体育・4回)のセンターへの2ツーベースヒットで試合が動く。続く山本柊作(体育・3回)のバントがヒットになり、ノーアウト1・3塁と上級生がチャンスメイクをする。4番田中秀政(国際・2回)のショートへの打球がダブルプレーとなるが、その間に三塁ランナーがホーム生還を果たし1点を先制する。6回表大阪体育大学の攻撃。3番庄子(奈良大附属)の3ベースヒットで1点を返される。しかし天理大学はその裏すぐさま反撃を開始する。先頭の1番荻野(体育・2回)がフォアボールで出塁。2番木林(体育・4回)が本日2本目となるヒットをライトに放ち、ノーアウト1・3塁。ワイルドピッチで勝ち越すと、3番山本柊作(体育・3回)の弾丸ライナーがライトスタンドに叩き込まれた。これで、4対1となる。3点の援護をもらった石原敬(体育・2回)。ヒットは打たれるものの、安定感のあるピッチングでチームを更に勢いづける。8回にも押し出しで1点を追加すると、そのまま9回も守り切り、天理大学が1回戦を制した。 
 まだまだ負けられない戦いが続きます。
 明日の第2回戦は同じく万博記念公園野球場で、二試合目12:30プレイボールを予定しております。ご声援宜しくお願い致します。

     (戦評:マネージャー一同)
 

天理大)石原敬(9)ー多田
大体大)田村(5)、田中(1、3/3)、左納(1/3)、久保(2/3)ー乾

本塁打)山本柊(天理大学)
三塁打)庄子、内藤(大体大)
二塁打)木林(天理大学)
2016年4月30日(土)
2016年度 春季リーグ戦 第4節 第2回戦 対 帝塚山大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 0
0 4 0 3 4 0 0 0 11 12
帝塚山大学
2 0 0 2 0 0 0 0 0 4 5

 昨日の勝利から一夜明け、本日勝てば勝ち点を得ることができる2回戦。天理大・桜木(体育・1回)、帝塚山大・内原(高知・1回)両大学1回生投手の投げ合いから試合は始まる。
 まず、先手を取ったのは帝塚山大学。初回、先頭打者河合将(太成学院・4回)が安打で出塁する。犠打と四球で二死一三塁とチャンスを作る。6番日比(近江・1回)の適時打で2点を先制される。
 反撃したい天理大は3回、先発内原の制球が定まらず、四死球と失策でチャンスを作り、昨日逆転打を放った荻野(体育・2回)が本日スタメンで出場し、ライト前適時打で1点を返す。チャンスはまだ続く。8番西岡(国際・3回)の犠飛で同点に追いつく。更に9番隈元(体育・4回)の適時二塁打でこの回一挙4点を奪う。
 その後4回裏の帝塚山大の攻撃。この回先頭の日比を四球で塁に出し、9番澤田(福井工大福井・3回)にライト前安打を放たれ二死一三塁。1番河合将に適時二塁打を浴び、試合を振り出しに戻される。
ここで天理大の先発桜木はエース山本竜(体育・4回)にマウンドを託す。
 これを踏ん切りに天理大の打線に火が付く。5回荻野、舩曳(体育・4回)の連続安打で出塁すると、二番手の津秋(大阪桐蔭・2回)の制球が乱れ四死球で1点、更にこの日絶好調の山本柊(体育・3回)の適時打で3得点を挙げる。
 続く6回、先頭多田(国際・4回)がセンター前安打で出塁すると犠打と四死球で一死満塁とする。ここで9番隈元がレフトを超える二塁打で2点を追加する。更に、相手の失策と3番山本柊の適時打で2点、計4点を取りダメ押しとした。
 守りではこれまで結果を残すことが出来なかった山本竜が打ち取る丁寧なピッチングで相手の打線を封じ、守備陣も堅い守りで山本竜を盛り上げる。そして9回、無失点の山本竜から今季初登板の豊本(国際・3回)にマウンドを託す。豊本は堂々としたピッチングでこの回を三者凡退で抑え試合終了。
 11-4と勝利し連勝でこの節勝ち点を奪った。優勝するには4連勝が必須条件となる。気持ちを切らさず、一手一つに心を合わせて戦いたい。
 次回は万博記念公園野球場にて10時より大阪体育大学との試合予定です。応援宜しくお願い致します。
 
             (戦評:スタッフ一同)
天理大)桜木(3、2/3)、山本竜(4、1/3)、豊本(1)−多田、大杉
帝塚大)内原(3)、津秋(1、2/3)、菅谷(4、1/3)−廣畑

二塁打)隈元2(天理大)、河合将、廣畑(帝塚大)

2016年4月29日(金)
2016年度 春季リーグ戦 第4節 第1回戦 対 帝塚山大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
帝塚山大学 0
0 0 0 0 1 0 0 0
天理大学
0 0 0 0 0 0 6 1 ×
 
 対 帝塚山大学となった第4節目。これ以上優勝から遠ざかるわけにはいかない天理大学。第2節で関西国際大学に負けた悔しさを糧に、この2週間練習に取り組んできた。
 今節の第一回戦、先発のマウンドを託されたのは中川(体育・3回)。両チーム、5回まで、ランナーは出すが点には結びつけない展開となる。試合が動いたのは、6回表帝塚山大学の攻撃。1アウトランナーなしの3番島津の打席。島津の放ったライナーが中川の足を直撃。中川も弾いたボールを追い、倒れながら懸命に送球するも、審判の判定はセーフ。ヒットになってしまう。続いて2本の安打を浴び、6番日比を迎えたところで、石原(体育・2回)にマウンドを託す。
 天理大学が動いたのは終盤にさしかかった7回裏、先頭の山本柊(体育・3回)がセンター前で出塁すると、4番田中秀(国際・2回)がきっちり送りバントを決め1アウト2塁とする。更に、5番多田(国際・4回)、6番舩曳(体育・4回)の連続フォアボールで、1アウト満塁とする。バッターは、代打荻野(体育・2回)。ライト前ヒットを放ちスコアボードに2をつける。2対1と逆転に成功した。続く代打加藤(体育・2回)の2ベースヒット、隈元(体育・4回)のフォアボール、木林(体育・4回)のレフト前ヒットでこの回一挙6点をもぎ取る。リリーフした石原(体育・2回)も2イニングをしっかりと6人で抑え、流れを天理大学に引き寄せる。8回にも尾崎(体育・2回)の犠牲フライで1点を追加。
 最終回マウンドに上がったのは、今季初登板の北野(国際・2回)。落ち着いたピッチングで、相手バッターを3人に抑え、帝塚山大学に勝利した。
 
 明日の帝塚山大学の試合に勝利すれば勝ち点が追加されます。全国に向けて一戦一戦を大切に、チーム一丸となり戦って参ります。
 
 第2回戦は4月30日(土)同じくほっともっとフィールド神戸で12:30より試合開始を予定しております。 
 
        (戦評:スタッフ一同)
 

天理大)中川(5、1/3)、石原敬(2、2/3)、北野(1)-多田、大杉
帝塚山)山根(6、1/3)、大曽根(0/3)菅谷(2/3)、伊藤(1/3)

二塁打)西岡、加藤聖、田中秀(天理大)
2016年4月17日(日) 南港中央野球場
2016年度 春季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
0 0
0 0 0 3 0 2 0 5 12
関西国際大学 0 2 1 1 0 0 0 3 0 7 9

 天理大対関西国際大の第2回戦。昨日1敗し、なんとしてでも本日勝たなければ勝ち点を落としてしまうという追い込まれた状況の中、先発を任されたのは天理大のエース山本竜(体育・4回)。対する関西国際大の先発は石田(高松商業・2回)。両右腕の対決となった。
 天理大は初回から1番山本柊(体育・3回)を三塁まで進め、先制のチャンスを作るが一歩が出ず無得点に終わる。
 2回裏関西国際の攻撃。5番田中俊(須磨翔風・4回)がセンター前安打で出塁。ここで天理の守りにミスが出、チャンスを与えてしまう。7番平野(関西・1回)の内野ゴロの間に1点を奪われ、更に8番坂倉(市立神港・3回)に適時打が飛び出し2-0と差を広げられてしまう。
 続く3回裏、この回先頭の藤原朋(PL学園・2回)が四球で出塁し、犠打と四死球で1点を追加される。ここで山本竜はマウンドを降り、齋藤(体育・1回)に託す。この回を最低得点で切るも、4回裏坂倉が失策で出塁し、2番岩崎孟(東洋大姫路・3回)のセンターを超える三塁打で4-0と大きく突き放されてしまう。
 このまま黙ってはいられない天理大だが、関西国際大の先発石田の前からチャンスを作るも1点が遠い。なんとかして振り出しに戻したい天理大は6回、遂に反撃に出る。1番山本柊、2番牧野(体育・3回)の連続安打で一死一三塁と絶好のチャンスを作る。ここで主砲・田中秀(国際・2回)の適時打で2点を返す。更に途中出場している木林(体育・4回)の連続適時打が飛び出し一気に1点差まで詰め寄り、この回からマウンドに上がっている門野(東洋大姫路・2回)を捉える。8回もう一度好機が天理大に訪れる。牧野、多田(国際・4回)、田中秀、木林の4連打で、遂に同点に追い付く。ここで主将・舩曳(体育・4回)の犠飛で4点差をひっくり返す。
 このまま優位に試合を進めたかったが、簡単には勝たせてくれない。
この裏の関西国際大の攻撃。振り逃げと安打で二死一三塁と一挙逆転のランナーを出してしまう。ここで代打浜田(市立和歌山・4回)が送られる。カウント1-3で迎えた5球目。ライトの頭上を越える逆転適時三塁打を放たれ再びリードを奪われる。
 最終回まだまだ諦めない天理大。9番尾崎(体育・2回)、1番山本柊が塁に出るも関西国際大・前田(京都外大西・1回)の前に1本が出ずゲームセット。
 2連敗で勝ち点を許してしまった。まだまだ優勝への望みが消えたわけではない。この試合をしっかりと反省し、残りの試合もう一度気持ちを切り替え、チーム全員で勝ちを取りに行きたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。次回は1節空き、4/29(金)ほっともっとフィールド神戸にて10時より帝塚山大学との対戦となります。

             (戦評:スタッフ一同)
天理大)山本竜(2、1/3)、齋藤(2)、石原敬(3、1/3)、櫻木(1/3)−多田
関国大)石田(5)、門野(3)、前田(1)−藤井静

三塁打)岩崎孟、浜田〈関国大)
二塁打)夏見(関国大)、牧野(天理大)

2016年4月16日(土) 南港中央野球場
2016年度 春季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
関西国際大学
0 0
0 3 0 1 0 0 0 4 6
天理大学 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 6
 先日の追手門学院大戦から早くも一週間が経ち、本日から第二節が始まる。相手は先日大阪体育大から勝ち点を挙げている関西国際大。一戦目の先発を任されたのは追手門学院大戦で完璧なピッチングを見せた左腕・中川(体育・3回)、対する関西国際大の先発は上野(福井工大福井・4回)で試合は始まる。
 先に試合を動かしたのは、天理大。この回先頭の1番、山本柊(体育・3回)が内野安打で出塁。続く2番隈元(体育・4回)が犠打を決め、2者連続四球で一死満塁とチャンスを作る。5番加藤聖(体育・2回)の二ゴロの間に1点を先制する。
 その直後関西国際大の攻撃。二死まで追い込むが、6番宮下(健大高崎・4回)にレフト前安打を放たれ、続く平野(関西・1回)の打球がセンターのエラーとなりその間に同点と試合を振り出しに戻される。また、藤井静(丸亀城西・3回)の適時打により点差を2点と広げられる。
 もう一度流れを呼び込みたい天理大は5回、3番多田(国際・4回)のレフト前安打で塁に出る。一死二塁とランナーを進め5番加藤聖のセンターの頭上を越す適時二塁打で1点差として前半は終了する。
 後半戦へ突入し、6回表。二死まで追い込むも、カウント1-2。7番平野にライトへ本塁打を放たれてしまう。この回で中川は降板する。
 なんとかして逆転したい天理大だが、7、8回と得点圏にランナーを進めるも、1点が遠い。このまま8、9回を3人で抑えられ4-2で試合終了。

 強敵・関西国際大戦の初戦に白星をつけることはできなかったが、まだまだ優勝への道が途切れたわけではない。明日天候が怪しいがもう一度気を引き締めなおして一勝一敗として3戦目へ持ち込み、勝ち点を奪いたい。負けられない試合が続きます。明日もたくさんのご声援宜しくお願い致します。

※明日は第三試合南港中央野球場にて14時半試合開始予定です。お間違えの無いようお願い致します。

             (戦評・スタッフ一同)
天理大)中川(6)、服部(0、1/3)、齋藤(1、2/3)、櫻木(1)−多田
関国大)上野(4、1/3)、森國(2)、前田(1、2/3)、門野(1)−藤井静

本塁打)平野(関国大)
二塁打)加藤聖(天理大)、藤原朋(関国大)

2016年4月10日(日) 万博記念公園野球場
2016年度 春季リーグ戦 第1節 第2回戦 対 追手門学院大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
0 1
1 0 0 1 1 9 4 17 15
追手門学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

 昨日、逆転勝利をし今日も勝って勝ち点を取りたい天理大学。先発のマウンドに立ったのは、経験豊富な中川(体育・3回)。
 試合が動いたのは2回表天理大学の攻撃。キャプテン舩曳(体育・4回)の渾身のライト頭上を越えるソロホームランが天理大学に流れをグッと引き寄せる。3回にも多田(国際・4回)のツーベースヒットで1点を加え2−0とする。守りでは中川の奪三振ショーが繰り広げられていた。5回までで8個の三振を奪う。
 天理大学は更に6回に尾崎(体育・2回)のセンター前で1点、7回には今季絶好調の隈元(体育・4回)のセンター前で1点を追加し、4−0と差を広げる。天理大の猛攻は止まらない。8回に6番舩曳の四球を皮切りに7番尾崎、8番吉村(国際・4回)の連続安打でこの回からマウンドに立っている谷(水口・4回)をとらえる。一死満塁とし、更に牧野(体育・3回)の押し出しにより追加点を挙げる。追手門学院大のピッチャー谷の制球が定まらず、四球と安打でこの回一挙に13人の攻撃で9点とビッグイニングを作る。
 ここまで中川に完璧に抑えられ、スコアボードに0が並ぶ追手門学院大。8回天理大の守備のミスと四球から二死一二塁と初めてチャンスを作るも、8番森(此花学院)を三振に抑え得点を得ることが出来ない。
 9回、二死まで追い込まれるも、8番吉村が相手のミスで出塁するとそこから四連続安打で更に4点を追加し、17-0とする。
 このまま黙って終われない追手門学院大の最終回の攻撃。この回先頭の9番權田(香川西・2回)が四球と盗塁でチャンスを作るも、続く1番、2番を抑えノーヒット・ノーランまであとアウト一つ。 3番藤田(福知山成美・2回)の2球目、センター前へ弾かれ初安打を食らうと同時に中川のノーヒット・ノーランの大記録の夢が儚く散ってしまう。ここでピッチャー齋藤(体育・1回)にバトンタッチ。最後の打者を2球で抑え、試合終了。
 ノーヒット・ノーランの記録は無くなってしまったが、中川の完璧なピッチングと野手の打撃が噛み合い、無事に勝ち点を2戦で得ることが出来た。初節を良い形で締めくくることが出来た。この勢いを忘れずに次の関西国際大戦に向けてしっかり調整していきたい。

            (戦評:スタッフ一同)


天理大)中川(8、2/3)、齋藤(1/3)‐多田
追手門)松林(7)、谷(2)‐森

本塁打)舩曳(天理大)
三塁打)山本柊(天理大)
二塁打)多田)、吉村(天理大)

2016年4月9日(土) 万博記念公園野球場
2016年度 春季リーグ戦 第1節 1回戦 対 追手門学院大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
追手門学院大学
天理大学 ×
 本日、4月9日より、2016年度阪神大学野球、春季リーグ戦が開幕しました。
 昨リーグに引き続き、今季も優勝を目指し連覇達成が出来るようにチーム一丸となって練習に励んで参りました。
 
 開幕試合となる本日の試合。エース山本竜也(体育・4回)にマウンドを託す。しかし、1回から追手門学院大学の打線に捕まってしまう。この回終わってみれば6安打5失点。序盤から5点を追いかける展開となる。
 昨リーグ1位のプライドがある天理大学は、1回裏に牧野(3回・体育)と、多田(国際・4回)の二塁打で1点、4回裏に、失策と隈元(体育・4回)で2点を返し、じわじわ追手門学院大学に差を詰める。
 エース山本竜也も調子を上げていき、ランナーは出すものの、2回から4回を無失点に抑え、5回、清水(追手門学院大学)に右二塁打を許したところで、石原(体育・2回)にマウンドを託す。
 追手門学院大学と2点差までに詰め寄った6回裏。天理大学の攻撃。先頭4番田中秀政(国際・2回)のセンター前ヒット、5番加藤のレフト前ヒットでノーアウトランナー1.2塁とすると、6番舩曳(体育・4回)がきっちり1球で送りバントを決め、1アウト2.3塁とする。がしかし、続くバッター吉村(国際・4回)がキャッチャーフライに倒れてしまう。追加点が欲しい天理大学。そこで天理大学の追う立場に終止符を打ったのは8番隈元(体育・4回)。レフトスタンドに完璧な一打をたたき込み、6対5と試合をひっくり返した。更に8回裏に、尾崎のライト前ヒットで1点を加え7対5とする。石原も1死球許すものの、危なげないピッチングで、追手門学院大学打線を抑え、見事1勝を勝ち取った。

 明日、2戦目となります 対 追手門学院大学戦は、同じく万博記念公園野球場で、第2試合目12:30〜プレイボールを予定しております。
 
                     
天理大)山本竜(4、0/3)、石原(5)-多田
追門大)金村(5、0/3)、碇(1/3)、今西(2、2/3)
-進藤

本塁打)隈元(天理大)
二塁打)藤田、岡崎、山本、清水(追門大)
牧野、多田(天理大)
2015年11月14日(土)
第46回明治神宮大会 1回戦 対 環太平洋大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5
環太平洋大学 0 0 1 0 0 2 0 0 × 3 9
 
 初出場の明治神宮大会、関西選手権第一代表の切符を獲得してから、全国制覇を目指してキャプテン舩曳(体育・3回)を中心に強い気持ちで、メンバーも応援団も東京入りをした。初戦の相手は中国地区大学野球連盟の環太平洋大学。初戦を突破して勢いに乗りたい天理大学。
 初回の攻撃。1番の小中(体育・4回)が、四球で出塁し、続く武田がきっちり送りバントを成功させ、3番の山本柊(体育・2回)がレフト前を放ち、チャンスを広げるが無得点に終わってしまう。この試合で先発のマウンドに上がったのは、エースの山本竜也(体育・3回)。阪神リーグ、関西選手権の両方でタイトルを獲り、気迫のあるピッチングをここまでしてきた。
 初回先頭バッター林にヒットを許してしまうが、その後は3人で締め、上々の立ち上がりを見せた。
 試合が動いたのは3回先頭9番重石を三振に打ち取るが、1番林()に今日2本目となるヒットを打たれ、この回計3安打を浴び1点を先制されてしまう。
 中盤から雨も強くなってき、悪天候と焦りの中から、なかなか天理大学はランナーを出すも得点が奪えない。
 環太平洋大学は6回裏ヒット、四球、エラーで2点を追加し、7回表マウンドには2番手の原が上がった。
 7回表、7番中尾(国際・4回)、代打キャプテン舩曳(体育・3回)が凡打で倒れてしまうが、続く代打牧野(体育)が、気持ちのこっもたヘッドスライディングをし、内野安打で出塁。環太平洋大学に食らいつく。しかしこの回も無得点。
 何としても流れを変えたい天理大学。7回裏マウンドに上がったのは、対立命館大学戦で好投した、石原(体育・1回)。足元が悪いなか持ち味であるコントロールの良さを武器に環太平洋打線を三人でピシャリと抑え、チームに良い流れを引き寄せた。
 なんとか点数をとり勢いをつけたい天理大は先頭の武田が起死回生の三塁打を放ち、ノーアウト3塁のビックチャンスを作った。次の山本柊が凡退するも、4番の田中秀がレフトへの大きな犠牲フライを放ち待望の1点をとった。ここから勢いに乗りたい天理大だが後続を打ちとらえこの回は1点にとまる。
 8回裏も石原の好投により、無失点におさえた。
 最終回最悪でも同点にし、延長に持ち込みたい天理大であったが、三者凡退に抑えられ試合終了。天理大学の初神宮は1対3で初戦敗退となった。
 
 
天理大)山本竜(6)、石原(2)-多田
環太平洋大)和田(6)、原(3)-高祖

三塁打)武田(天理大)
二塁打)山本柊(天理大)、浦木(環太平洋大)
2015年11月2日(月) 南港中央野球場
関西選手権大会 第一代表決定戦 対 立命館大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 7
立命館大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
 
 先日の大阪商業大学戦の勝利から一夜明け、3連戦となる立命館大戦。勝利すると第一代表として神宮への道が開く大事な一戦である。大事な一戦を任せられたのは今季初先発となる1回生石原(体育・1回)対する立命館大の先発は読売ジャイアンツからドラフト1位指名を受けた桜井(北須磨)。
 初回から試合は動く。先攻の天理大、3番山本柊(体育・2回)が相手のエラーの間に出塁し、続く今季4番を任せられている田中秀(国際・1回)がレフト前に二塁打を放ち、1点を先制する。
 対する立命館大の攻撃は2、3、4回とチャンスをつくるものの初登板とは思えない落ち着いた石原のピッチングの前に無得点に終わる。
 天理大もほぼ毎回安打で出塁するもなかなか追加点を奪うことが出来ない。この均衡を破ったのは8回の天理大の攻撃。今試合で2安打を放っている4番田中秀からの攻撃。カウント1-1から3球目。レフト前へ三塁打を放ち無死三塁とする。続く多田(国際・3回)が死球を選び、更に盗塁を決め無死一二塁と絶好のチャンスを作る。ここで打席は7番尾崎(体育・1回)に回ってくる。監督のサインはスクイズ。カウント1-2からしっかりとスクイズを決め三塁走者の田中秀が生還し、欲しかった1点が入り2-0と追加点をもぎ取る。
 ここまで立命館大の攻撃を3安打と抑えている石原が9回まで投げ切り、3人で締めくくり2-0でゲームセット。
 天理大学は創部初優勝で初の明治神宮大会への出場を決めた。天理大学創立90周年の節目にふさわしいタイトルを獲ることが出来た。連戦が続き。苦しいゲームもあったが、選手、スタッフ、スタンド全員が一丸となって勝利することが出来た。明治神宮大会に向けて少ししか時間が無いがしっかりと調整して全国大会に挑みたい。挑戦者となって戦っていきたい。
 この大会でチームのエースとして戦ってきた山本竜(体育・3回)が最優秀選手として表彰された。

 明治神宮大会の初戦は11月14日 中国地区大学野球連盟に所属する環太平洋大学です。たくさんの応援お待ちしております。 
天理大)石原-多田
立命館大)桜井(8)、西川(1)-小林

三塁打)田中秀(天理大)
二塁打)田中秀(天理大)
2015年11月1日(日) 南港中央野球場
関西選手権大会 準決勝 対 大阪商業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪商業大学
天理大学
TEAM 10 11 TOTAL H
大阪商業大学
11
天理大学 ×1

 関西選手権準決勝、この試合も勝利を収め決勝へ向けて勢いをつけたい天理大学。この日先発を任されたのは、2回生中川(体育・2回)。初回から天理大学は苦しい展開を強いられる。先頭打者、吉持に死球を与え、ここから流れが悪くなってしまい、2安打3四死球で5点を先制されてしまう。中川が1/3を投げたところで、ピッチャー福岩に交代。福岩もランナーを出すが何とか踏ん張り、相手の攻撃を5点で留めた。その裏の天理大学の攻撃は、三者凡退。しかし天理大学は、徐々に追い上げていく。

 2回裏、先頭打者の田中秀(国際・1回)が先頭前ヒットで出塁すると、次のバッター多田(国際・3回)がきっちり送りバントを決め、続く中尾健(国際・4回)もセンター前ヒットで続き、チャンスを広げ、吉村の内野ゴロの間に三塁ランナーが生還、1点を返す。
天理大)中川(1/3)、福岩(2、2/3)、北野(3)、石原(2)、服部(1/3)、山本竜(1、2/3)ー多田
大阪商業大学)小屋(3、2/3)、吉持(3、1/3)、岡田(3、1/3)ー太田

<三塁打>山本柊(天理大)、武田(天理大学)
<二塁打>滝野(大阪商業大学)、山ア(大阪商業大学)、吉村(天理大学)、田中秀(天理大学)
2015年10月31日(土) 南港中央野球場
関西選手権 1回戦 対 奈良学園大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
奈良学園大学

天理大学 × 10
                                           明治神宮大会への切符をかけて始まった、関西選手権の1回戦。相手は奈良学園大学。大事な初戦、先発のマウンドを任されたのは、阪神リーグ最優秀投手、エース山本竜也(体育・3回)。初回四球を出すが、キャッチャーの多田(国際・3回)が、盗塁を試みた宮本を刺し、3人で奈良学園の攻撃を終わらせる。
 試合が動いたのは3回裏天理大学の攻撃。先頭バッターは、阪神リーグ最優秀選手賞に輝いた、小中(体育・4回)。その小中(体育・4回)がライト前ヒットで出塁する。武田(体育・4回)が初球できっちり送ると、続く山本柊(体育・2回)が、センター前を放ち、2塁ランナーの小中(体育・4回)が生還、先制点を奪う。勢いに乗った天理大学は、4回裏、今日3安打目となる小中(体育・4回)のセンター前により1点を追加。2対0とする。さらに、6回にも相手のエラーと一回生ながらレギュラーの尾崎(体育・一回)のタイムリーにより2点を追加する。そのままリードを守りきり、4対0で天理大学が一回戦を突破した。
 
 山本竜也(体育・3回)は、しり上がりにどんどん調子を上げていき、終わってみれば二安打完封。攻撃では二ケタ安打と、明日につながる試合をした。

                      (戦評:マネージャー一同)     
天理大学)山本竜(9)ー多田
奈良学園大学)鈴木(2、1/3)、花本(1、2/3)、庄子(2)、川口(3)ー松木、西岡


2015年10月12日(月)佐藤薬品スタジアム
秋季リーグ戦 第7節 第2回戦 対 帝塚山大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
帝塚山大学 14

 リーグ優勝へ大手をかけた、優勝決定戦。勝てば、1991年以来の優勝となる。想いを託された天理大学メンバーの初回の攻撃は、ヒット、四死球などで2アウトランナー3塁まで進めるがチャンスをものにすることが出来なかった。先発の服部(国際・2回)は初回四球でランナーを出すも、キャッチャーの多田(国際・3回)が盗塁を阻止。味方の援護を受け攻撃を迎える。試合が動いたのは3回の表天理大学の攻撃。先頭の尾崎(体育・1回)が凡打に倒れるも続く、山本柊(体育・2回)が四球で出塁、田中秀(国際・1回)、多田(国際・3回)の連続ヒットで2点を先制する。4回の裏帝塚山大学の攻撃、先頭の宇野(健大高崎)のレフト前ヒット、澤田(福井工大福井)の送りバント、伊藤(尼崎小田)の進塁打で、1アウトランナー3塁とし、続く阪戸(枚方津田)のショートゴロが吉村(国際・3回)のエラーを誘い、その間にランナーが生還。1点を返される。5回は共に無失点。後半戦を迎える。6回、追加点が欲しい天理大学は、1アウトから舩曳(体育・3回)が四球で出塁すると、中尾健(国際・3回)、小中(体育・4回)、尾崎(体育・1回)の3連打から、山本柊(体育・2回)の二塁打、四番田中秀の走者一掃タイムリー三塁打、多田、武田(体育・4回)の連続ヒットの計7連打で、6得点を奪う、ビックイニングをつくる。援護を受けた服部は、6、7、8回を毎回ランナーを背負いながらも抑える。8回の表先頭バッターは今季リーグ戦大暴れの1回生4番田中秀(国際・1回)。試合を決定づける1発をレフトスタンドへ運んだ。 
 最終回マウンドを託されたのは、エース山本竜(体育・3回)。失点を許すも、最後のバッターをきっちりセカンドゴロに打ち取り見事、14年ぶりの秋リーグ優勝、関西選手権への切符を手にした。 
 
 皆様の熱いご声援有難うございました。14年ぶりのリーグ優勝が出来たのは紛れもなく皆様のおかげです。期待に応えられるよう、関西選手権制覇に向けチーム一丸となって頑張っていきます。今後とも、天理大学の応援を宜しくお願い致します。  

                         (戦評:マネージャー)

帝塚山大)岡(3)、山根(2、1/3)、菅谷(1、2/3)、斎藤(1)、太田(1)ー廣畑
天理大)服部(8)、山本竜(1)ー多田

<本塁打>田中秀(天理大)
<三塁打>田中秀(天理大)
<二塁打>田中秀(天理大)、山本柊(天理大)
2015年10月11日(日)佐藤薬品スタジアム
秋季リーグ戦 第7節 第1回戦 対 帝塚山大学 
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
帝塚山大学

天理大学 × 9×

 勝ち点を落とすことなく迎えた最終節、大事な1戦目の天理大学の先発は山本竜(体育・3回)。1回の表を3人でピシャリと抑え、裏の天理大学の攻撃。先頭の小中がライト前で出塁すると、送りバント、1塁ゴロにより、2アウト3塁。打席には4番の田中秀(国際・1回)が入るが、四球により5番の多田にチャンスで回る。期待に応えるライト前タイムリーで1点を先制する。続く2回に吉村(国際・3回)の目の覚める様なホームランで1点を追加。序盤から2点リードをもらった先発の山本竜也は、ランナーを出すも無失点に抑える。5回2番尾崎(体育・1回)から始まる天理大学の攻撃、ヒット2本、送りバント、犠牲フライを絡めた攻撃で、1点を追加し3対0とする。さらに6回にもフォアボールや相手のエラーで3点を追加すると、7回の攻撃にも相手のミスで3点を追加する。8回の表、マウンドを任されたのは今季リーグ戦初登板の豊本(国際・2回)。先頭バッターをセンターフライで抑えるが、2四球と犠牲フライで2アウト1、3塁のピンチを招くが、最後は三振で仕留める。最終回北野(国際・1回)がマウンドに上がるヒット、エラー、フォアボールでピンチを迎えるが何とかしのぎ、天理大学はリーグ優勝へ向けて王手をかけた。 

                       (戦評:マネージャー一同)
                     
天理大)山本竜(7)、豊本(1)、北野(1)−多田、大杉
帝塚山大)太田(5、2/3)、菅田(2、1/3)ー廣畑

<本塁打>吉村(天理大)
<二塁打>多田(天理大)、南曲(帝塚山大)
2015年10月7日(水)in南港中央野球場
秋季リーグ戦 第6節 第3回戦 対 大阪体育大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学
大阪体育大学 10

 優勝するために勝ち点を取ることが必須となった第3戦目。大事な一戦を任されたのは昨日124球を投げ切った山本竜(体育・3回)、対する大体大は1戦目で勝利をあげている門前(加古川北)。両投手の投げ合いで試合は始まる。
 試合が動いたのは3回表の天理大の攻撃。二死からこのリーグ4番を任されている1回生田中秀(国際・1回)が今季2号目となる本塁打を放ち先制点をあげる。
 続く4回、この回先頭の武田(体育・4回)が四球で出塁し、7番吉村がフィルダーチョイスの間に出塁し、8番中尾健(国際・4回)がきっちり犠打を決める。頼れる主将9番舩曳(体育・3回)がファーストへの内野安打で三塁走者の武田が生還する。2番尾崎(体育・1回)のスクイズで追加点をあげ、3対0と突き放す。
 反撃したい大体大は7番青木(橿原学院・2回)の本塁打で1点を返す。
 5回表前の打席本塁打を放った田中秀がレフト線の二塁打で出塁すると5番多田(国際・3回)が犠打を決め、6番武田のセンター前安打で点差を離す。
 追いつきたい大体大は先頭打者の堅田(秀岳館)がライトへ三塁打を放ち、3番木村(敦賀気比)の犠飛で4対2とする。一死二塁から続く5番木原(三重海星)のライト前タイムリーで点差を1点と縮め4対3とする。
 取られたら取り返したい天理大はこの回先頭の舩曳、1番小中(体育・4回)が連続安打で出塁し無死二三塁の絶好のチャンスを作る。先ほどスクイズを決めている尾崎の犠飛で1点を追加する。
 ここまで粘りのピッチングを見せている山本竜。0点に抑えたい場面だが前季王者の大体大を簡単に抑えることは出来ない。2番庄野(履正社)がレフト前安打で出塁し、3番4番の犠打と犠飛で二死三塁とし、5番木原がセンター前タイムリーでまたもや点差を1点とする。
 何とか逃げ切りたい天理大は、9回168球の気迫のピッチングを見せた山本竜が大体大を追い詰め5対4でゲームセット。シーソーゲームを繰り広げたが天理大が勝利し勝ち点をおさめた。
 残るリーグ戦も帝塚山大戦のみ。中3日となるが、集中を切らすことなく反省点を改善しチームをリーグ優勝へと導きたい。


                          (戦評:マネージャー一同)
大体大)門前(7)、田村凌(2)−木村
天理大)山本竜(9)−多田


<本塁打>青木(大体大)、田中秀(天理大)
<三塁打>堅田(大体大)
<二塁打>堅田(大体大)、木戸地(大体大)、大石(大体大)、武田(天理大)、田中秀(天理大)

2015年10月6日(火)in佐藤薬品スタジアム
秋季リーグ戦 第6節 第2回戦 対 大阪体育大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
大阪体育大学
天理大学 × 5× 10


天理大)山本竜ー多田

大体大)田村雅、勝田、田村凌ー木村



<本塁打>山本柊
<三塁打>庄子
<二塁打>庄子、田村強
2015年10月4日(日) in佐藤薬品スタジアム
秋季リーグ戦 第6節 第1回戦  対 大阪体育大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 3 1 0 0 0 0 0 0 0 4 4
大阪体育大学 4 0 1 1 0 0 4 0 × 10

 残るリーグも終盤を迎え、優勝まで負けられない戦いは続く。
 今節の相手は、長年の王者・大阪体育大学。連勝で勝ち点に繋げたい天理大の先発は中川(体育・2回)。対する大体大は前李リーグでチームを優勝へと導いた門前(加古川北)。両左腕の投げ合いで試合は始まる。
 試合は初回から動く。今季好調の小中(体育・4回)が、レフトを超える二塁打を放ち流れを寄せる。続く2番尾崎(国際・1回)が犠打を決めると、相手のFcと失策が絡み、一気に小中がホームへ生還。更に後続が相手の死球と犠打で、塁を進め有利な試合展開を進めると、またも相手の失策で2点が追加。初回に3点を奪い流れを寄せ付ける。
 しかし食らいついてくるのが大体大。先頭を四球で進塁を許すと、後続の犠打と犠飛で、2アウト3塁とすぐにチャンスを作られる。今季怪我で途中復帰した4番・田村強(玉野)に簡単にタイムリーを放たれ、1点が返される。続く5番・木原(三重海星)に四球を許し、更にバッテリー間でのミスが出、2アウト2・3塁と大体大のチャンスは続く。このチャンスに今季絶好調の6番・木戸地(近代新宮)…2ボールからの3球目、しっかり捕らえた球は高いアーチを描いてレフトの外野席へと飛んで行った。すぐさま試合は逆転される。
 今季投手を援護する野手は2回表、9番・舩曳(体育・3回)がセンター前へと放つと、続く小中がライトの頭上を越える3塁打を放つ。その間に3塁コーチの指示がホームを指し、舩曳が一か八かでホームへスライディング。主将のリーグ制覇の熱い思いが点へと繋がり、もう一度試合はスタートラインへと戻る。
 お互い譲らない試合は続く。3回裏、3番木村(敦賀気比)と4番田村強に連打を浴びると、後続の四球と犠飛で1点が返される。
 更に4回裏、先頭、大石(大体大浪商)に単打を許すと、2番・庄野(履正社)に右中間を抜かれ、1点が追加。じわじわと返される。
 先頭バッターを出したい天理大は7回表に相手の失策で出るも、門前の好投に阻まれ1点が遠い。
 7回裏、4者連続四球を与えると、更に連打を食らい一気にランナーが生還。4点追加のビックイニングをつくってしまう。
 なんとか追いつきたい天理の野手は、門前に阻まれ、3者凡退が続くと共に、力つき試合終了。
 もう負けられない天理大。野手が援護する野球ではなく、投手・野手ともにチームの勝ち点につなげられるように頑張ります。

 追記:また、本日はたくさんのOBの方、また保護者様からのご声援を頂き誠に有難うございました。最終節まで負けられない試合が続きますが、最後まで温かいご声援の程宜しくお願い致します。


                         (戦評:マネージャー)
大体大)門前(9)ー木村

天理大)中川(2、1/3)、石原(1、2/3)、服部(2、1/3)、北野(1、2/3)ー多田



<本塁打>木戸地(大体大)
<三塁打>庄野(大体大)、小中(天理大)
<二塁打>田村強(大体大)、木原(大体大)、小中(天理大)
2015年9月28日(月)南港中央野球場
秋季リーグ戦 第5節 3回戦 対 甲南大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
甲南大学
天理大学 × 13

 リーグ制覇を目指すべく、ここで勝ち点を落とすわけにはいかない天理大の先発は昨日の屈辱をはらす中川(体育・2回)。対する甲南大の先発は1試合目に完投を果たした、1回生中村(報徳学園)。上級生の想いを背負った下級生の投げ合いで試合は始まる。
 試合が動いたのは2回裏。2アウトから6番武田(体育・4回)がセンター前へ放つ。更に続く後続が、四死球で満塁のチャンスを作り、9番DH・舩曳へと回す。主将へ任命を得て初めてのリーグ戦、背中でチームを後押しする舩曳がセンター前への2点タイムリーを放ち先制点を奪う。更に相手の失策を付き、俊足・中尾健(国際・4回)がホームへ生還。一挙に3点をもぎ取る。
 先発・中川は四球も出すも、打たせて取る野球で、簡単にベースを踏ませない。
 天理大はその後もチャンスを作るが、ホームが遠い。
 試合が動いたのは6回表。3者連続四球を与え、ノーアウト満塁と、本日最大のチャンスを与える。続く4番渋村(加古川北)、1ボールからの2球目、甘い球をしっかり捕らえられレフトの頭上へと飛んでいき、満塁ホームランと昨日の仕返しをされる。
 絶対にこのままでは終われない天理大は7回裏、山本柊(体育・2回)が、1アウトから安打を放つ。この回勝負に出る天理大は、代走に野渕(国際・3回)が送られる。指揮と共にしっかりと盗塁に成功。後続が三振で抑えられるも、勝負の回簡単に終わるわけにはいかない天理大の打者は、今節先発捕手・5番多田(国際・3回)。投手を援護すべく放った球はレフトへの2塁打となり、一気に野渕が生還。続く武田が、浅い守りに入る甲南大に右中間へと抜ける3塁打を放ち更に1点が追加。投手を援護。
 6回途中からマウンドを託されたエース・山本竜(体育・3回)はしっかりとマウンドを守る。
 取られたら取り返す・・・・両チームの意地のぶつけ合いは続く。8回表、天理大の守備に乱れが生じ、ノーアウト満塁とまたもやチャンスを与え、犠牲フライで一点が返されスタート時点へ戻る。
 8回裏、四球で先頭が出塁すると、犠打で1アウト2塁と攻撃がつながり、回ってきたのが1番小中(体育・4回)。完璧なセフティを決め、チームを勢いづける。2アウト2・3塁のチャンスで今季初打席の牧野(体育・2回)へと回る。緊張が漂う中、思い切って放ったゴロの打球は甲南大の失策へと絡み、俊足ランナー小中・中尾健が一気に生還。
 9回表、甲南大は代打が送られるもエース山本竜の冷静なピッチングで試合は終了。
 点取りゲームの中、ベンチ全員の活躍で勝ち点を奪うことができた。残るリーグも後2節。。。後半戦にさしかかります!
 リーグ制覇を達成するため一戦一戦を大切に、しっかりと戦い抜きます。最後までご声援、宜しくお願い致します。

                        (戦評:マネージャー)
天理大)中川(5、2/3)、山本竜(3、1/3)ー多田

甲南大)中村ー石岡



<本塁打>渋村
<三塁打>武田
<二塁打>尾崎、山本柊、多田
2015年9月27日(日)南港中央球場
秋季リーグ戦 第5節 2回戦 対 甲南大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 11
甲南大学

 ここで勝ち点を落とすわけにはいかない天理大の先発は、2戦目定着の中川(体育・2回)。対する甲南大は玉井(滝川)。両投手の好投を期待したい。
 試合は1回裏から動く。1アウトを取るも、4者連続の四球により先制点を与える。
 更に2回裏、四球と野手の失策で更に1点が追加。
 ここでマウンドは、中川から、高校時代からの後輩、ルーキー石原へとバトンをつなぐ。
 簡単にリードを許してしまった天理大はすぐさまおいつくべく3回表。1アウトから主将・舩曳(体育・3回)が意地で今季初のヒットを放ち流れをチームに寄せる。後続、小中(体育・4回)、尾崎(体育・1回)が主将に続き連打で1点を返す。
 更に4回表、6番武田(体育・4回)が左中間への3塁打を放ちチャンスを広げると、7番・吉村(国際・3回)が初球きっちり捕らえ、武田をホームへ返すと、スタートラインに試合を戻す。
 打たせて取る野球できっちりマウンドを守りぬく石原を援護したい野手は7回表、小中の内野安打に続き、尾崎がセンター前へ放つ。3番・山本柊がボール球を見極め、1アウト満塁で回ってきたのが、4番田中秀(国際・1回)。初球フルスイングした球はアーチを描きレフトの頭上へと越える本塁打となり、一気に4点が追加。
 明日へ繋げるためダメ押しの一点がほしい天理大は、9回表相手の四球と失策に漬け込み、一挙に2点を追加。
 石原がマウンドを守り抜き、試合は終了。
 勝ち点を奪うために明日も全員野球で泥臭く、チャレンジャーでむかいたい。
 

                        (戦評:マネージャー)
甲南大)玉井(6、1/3)、小野(0、1/3)、木山(1、1/3)、宗實(0、1/3)、金田(0、2/3)ー石岡

天理大)中川(1、1/3)、石原(6、2/3)、服部(1)ー多田


<本塁打>田中秀
<三塁打>武田
<二塁打>田中秀
2015年9月26日(土)南港中央野球場
秋季リーグ戦 第5節 1回戦 対 甲南大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
甲南大学
天理大学

 すでに勝ち点2をとっている天理大。このままの勢いでどんどん勝ち点を取り、優勝に邁進していきたい。そんな天理大の先発は右の本格派・山本竜(体育・3回)。対する甲南大の先発は1年生投手の中村(報徳学園)。両右腕の投球に期待がかかる。
 1回表、甲南大の攻撃。1アウトからセンター前ヒット、ファーボールで1,2塁となり、4番中谷(伊丹北)のレフト前タイムリーで1点を先制されてしまう。
 すぐに取り返したい天理大はその裏、先頭の小中(体育・4回)が三塁打を放ち、0アウト3塁の大チャンス。二人が凡退に終わり2アウトとなってしまったが、4番の田中秀左中間に強烈な2塁打を放ち、すぐさま同点とした。
 天理大の山本竜は2回以降安定感あるピッチングで7回まで甲南打線を0に抑える。
 山本竜の好投に応えたい天理大は2回と5回に勝ち越しのチャンスを作るも、あと1本が出ず、なかなか勝ち越し点を取れない。
 山本竜に疲れが見えてきた8回の甲南大の攻撃。2アウト1塁から2者連続四球を出してしまうと、石岡(智弁学園)の2塁打、村上(東海大仰星)のセンター前で3点を奪われてしまう。ここで天理大の投手は服部に交代。流れを止めたいとこだが二連続四球を出してしまい服部からリーグ初登板の右腕・石原にチェンジ。見事後続を打ち取りこの回の失点を4で止めた。
 残り2回で何とか4点差を埋めたい天理大は8回、9回と代打攻勢でチャンスを作りたかったが、甲南の中村に踏ん張られてしまい、1対5で試合終了。
 甲南大戦の初戦をおとしてしまった天理大。ここで沈むことなく、まず明日の試合に勝利し、優勝へと突き進んでいきたい。

 追記:明日からも厳しい戦いが続きますが、今後とも変わらぬ熱いご声援宜しくお願い致します。

                          (戦評:マネージャー一同)
甲南大)中村(9)−石岡
天理大)山本竜(7、2/3)、服部(0、0/3)、石原(1、1/3)−大杉

三塁打)小中(天理大)
二塁打)石岡(甲南大)、田中秀(天理大)
2015年9月14日(月) 舞洲ベースボールスタジアム
秋季リーグ戦 第2節 第2回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
関西国際大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
天理大学 0 0 0 0 1 0 0 1 × 2 6

 激戦が続くリーグ戦の中、連勝で勝ち点を取りたい天理大のピッチャーは中川(体育・2回)。対する関国大は吉本(京都共栄)。
 チャンスを作るも、両投手の好投が光りスコアボードに0が並ぶ。
 試合が動いたのは5回表、1死から6番坂本(玉野光南)がレフトの頭上を越える打球が行くも投手を援護しようとレフト山本柊(体育・2回)が打球に食らいつくも三塁打が放たれピンチを招く。しかし山本柊のファインプレーでチームに流れを寄せ付け、先制点はやらない。
 5回裏、小中が四球で出塁、犠打で更に塁を進めると、山本柊の二塁打で大きな先制点を奪う。強敵を相手に更に点差を広げたい天理大は8回裏、先頭が出塁すると武田(体育・4回)、吉村(国際・3回)の連打で追加点が入る。
 先発中川は3本の安打を許すも、無四球試合を制し、連勝で大きな勝ち点を奪う。残るリーグもあと3節。チームが『一手一つ』となり、リーグ制覇に食らいつきたい。今節もたくさんのご声援をありがとうございました。

                           (戦評:マネージャー一同)
関国大)吉本(6)、上野(0、2/3)、與座(1、1/3)−吉岡
天理大)中川(9)−多田

三塁打)坂本(関国大)
二塁打)山本柊(天理大)
2015年9月13日(日) 舞洲ベースボールスタジアム
秋季リーグ戦 第2節 第1回戦 対 関西国際大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学 0 0 0 0 2 0 0 1 1 4 7
関西国際大学 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 5

 一週明けて迎えた第二節。相手は強豪・関西国際大学だ。何としても先に一勝をあげたい天理大学は、エース・山本竜(体育・3回)が先発。対する関国大はフレッシュマンの門野(東洋大姫路)。速球派同士の投げ合いで試合が始まった。
 初回、関国大は、エラー、ファーボールで出たランナーを杉本(東洋大姫路)が、針を通すようなバットコントロールでレフト前にうまく落とされ一点を先制される。
 追いかける天理大はチャンスを作るも門野の好投により、1点が遠い。
 4回裏、若手の杉本に本日2本目となるヒットを放たれ、後続の犠打により2アウト2塁のチャンスで回ってきたのが、チームでたった一人の4回生、主将・原田(立正大湘南)。追い込まれるもライト前へ放ち更にチャンスを広げる。ここで回ってきたのが8番吉岡(比叡山)がレフト前へタイムリーを放ち試合を有利に進める。
 点差を2点と広げられた後の攻撃。2死から8番木林(体育・3回)、9番大杉(国際・3回)が連続四球で塁に出ると4回小中(体育・4回)へとチャンスで繋ぐ。意地の一振りで右中間へ放ち試合をスタートラインへと戻すと共に、門野から上野(福井工大福井)へとマウンドを託された。
 その後、互いの好投が続き試合が動いたのは8回表。先頭小中が四球で出塁すると、犠打で塁を進め、チャンスで代打4回生の中尾健(国際・4回)が送られる。上級生の意地で繋ぎ、1死。満塁で回ってきたのが若手田中秀(国際・1回)。初球を仕留め小中をホームへ返し、ついに逆転へと成功する。
 8回裏、黙ってはいない強豪・関西国際大学は2死から3番上田(福井工大福井)がライトの頭上を越える三塁打を放ち、4番に託される。
緊張が漂う中、バッテリー間で隙を見せるも武田(体育・4回)の好判断により関西国際大学にホームを踏ませない。
 9回表、小中、中尾健に続き武田が初球センター前へ放つと、代打多田(国際・2回)のダメ押しで試合を決めた。
 関西国際大学との大事な初戦を勝利で収め、2連勝で勝ち点を取りに行きたい。

                           (戦評:マネージャー一同)
関国大)門野(5)、上野(3、1/3)、與座(0、2/3)−吉岡
天理大)山本竜(9)−大杉、多田

二塁打)小中(天理大)
三塁打)上田(関国大)
2015年9月2日(水) 万博記念公園
秋季リーグ戦 第1節 3回戦 対 大阪産業大学
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
大阪産業大学
天理大学

× 13

 最終戦までもつれこんだ大事なこの試合。天理大の先発は服部(国際・2回)。対する大産大の先発は1戦目で天理大を完璧に抑えている
坂本(龍谷大平安)。
 初回から制球に苦しむ服部(国際・2回)は二者連続四球を与え、むかえた打者は4番の森(神戸弘陵)。甘く入った変化球をレフトスタンドに運ばれ、3点を先制される。
 絶対に負けられない天理大は、その裏、1番小中(体育・4回)、2番中野(国際・3回)の連続ヒットで1・3塁とし、山本柊(体育・2回)の犠牲フライで1点を返す。続く田中秀(国際・1回)の3塁線をやぶる2塁打、吉村(国際・3回)の意地の内野安打で3点を返し、試合を振り出しに戻す。
 5回表先頭の中川(関西中央)がライト前で出塁すると、ここでピッチャーは山本竜(体育・3回)に交代。送りバント、ワイルドピッチで3塁に進み、4番森のレフトフライの間にタッチアップで1点を勝ち越される。
 なんとしても勝ちたい天理大の7回裏、先頭はこの日3安打のルーキー田中秀。センター前を放ち、4安打目。主将の舩曳(体育・3回)がきっちりと送りバントを決め、続く武田(体育・4回)がレフト前を放ち、すぐさま盗塁を決め、2・3塁のチャンスを作る。吉村のショートエラーと多田(国際・3回)のレフトへの犠飛で一気に逆転し、試合を決めた。
 その後の産大打線を、エース山本竜が粘りのピッチングで抑え、ゲームセット。
 大事な第1節を勝ち越し、勝ち点1をおさめた。

                          (戦評:マネージャー一同)
大産大)坂本龍斗(8)−井上貴
天理大)服部(4、0/3)‐、山本竜(4、3/3)−大杉、多田

本塁打)森(大産大)
二塁打)増田健(大産大)、田中秀(天理大)
2015年9月1日(火) 万博記念公園
秋季リーグ戦 第1節 2回戦 対 大阪産業大学 
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H
天理大学